芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

朝の正座1分で腹横筋を鍛えウエストダウン!|林先生の初耳学

   

LINEで送る

1月31日に放送された「林先生の初耳学」では、驚異のダイエット。

朝に1分正座するとウエストが細くなる!

女性3人で検証。すべての女性が数センチダウンとなった。その理由を林先生は答えられるのか…。

初耳…。とうなだれる林先生。

理由は、ぽっこりお腹の原因の1つは、骨盤のゆがみ。正しいやり方を紹介!

近畿大学生物理工学部の谷本准教授に聞くと、正座で姿勢を正したときに、骨盤を立てるのが簡単。骨盤を立てることでその上の、背骨の姿勢をキレイに整えることが出来るという、簡単に言えば、正座をすると背骨も矯正され自然に正しい姿勢になるということだ。

普段、椅子に座っていると、骨盤が後ろに倒れ猫背となる。これこそがぽっこりお腹の原因だという。

腹横筋という筋肉は、胃や腸を正しい位置に保持する筋肉。この筋肉が緩むと内臓が本来の位置より下がりポッコリお腹になるという。

正座の効果は腹横筋が働き内臓を正しい位置に戻してくれるという。

効果的な方法!

朝行うのが最も効果的

谷本准教授は、朝行っていい形を覚える。良い形をクセづけて1日を過ごす。1分で充分だが、毎日必ずやることが重要。布団の上だと膝も傷めないので一石二鳥だ。

◇正しい正座のやり方!

①つま先を合わせカカトを広げる
②お尻を置き挟むように座る
③くるぶしを地面につける意識で広げる
④ヒザは拳2個分広げての位置は足の付け根に置く
⑤肩甲骨を締めるつもりで胸をはる

少しきつい?ですが、腹横筋も働き自然と背筋がまっすぐとなり気持ちいいです!

私は年末のサタデープラスで放送されたずぼらダイエットでウエストがかなり痩せましたが、本日の同番組で放送の間食にナッツを食べてダイエットし、明日朝から正座も毎日1分追加でやります!

LINEで送る

 - テレビ, 情報 , , ,