芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

カニの殻で大地震対策!極細キチンナノファイバーは鋼鉄並み|林先生が驚く初耳学!

   

LINEで送る

2月7日に放送された「林先生が驚く初耳学!」は、最近また増えている地震について。

最近は殻を取ってスーパーで販売されることも多く、その殻はどのようにして取るかというと、一瞬で剥く機械がある。それは、カニの身をローラーで押し出すとスポンッときれいに取れる。殻はカニグラタンの器だけでなく、画期的な活用法が発見されたという。

カニの殻で大地震対策になる。

林先生は初耳なのか…。答えは。

初耳。と残念な顔に。

解説

カニの殻からは、鋼鉄並みの硬い繊維が取れる。

鳥取大学の伊福准教授によると、カニ殻が硬くて強く、地震に対しても割れにくい素材に変えることができるという。

地震などで多いのは、窓ガラスの落下などによる二次被害。カニ殻から硬いガラスを作ることが出来る。その繊維とは…。

キチンナノファイバー

カニ殻を薬品に漬けて、カルシウム・タンパク質・色素を取り除く。3日後。真っ白に変化。

白い状態が、キチンナノファイバーという繊維。

キチンナノファイバーをプラスチックやガラスなどの素材に合わせると強度がアップすることがわかった。さらに、キチンナノファイバーは髪の毛の1万分の1という極細繊維。

極細繊維なので、ガラスなどの素材に配合しやすいという。さらに強度は鋼鉄並みというので驚きだ。

正座1分ダイエットから、焼ミカンの美容まで、この番組はあらゆる範囲で勉強になりますし、それを知っている林先生は改めてすごいと思いました。

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報 , , ,