芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

ポッキー製造工程を公開!大阪京都のみの2時間待ち!バトンドールとは。|ジョブチューン

      2017/11/11

LINEで送る

2月13日に放送された「ジョブチューン」は、国民的ヒット商品ぶっちゃけSP。国民的だヒット商品。発売から50年のポッキーの作り方をテレビ初公開のものも含まれる。

発売当初、ポッキーの名前は「チョコテック」という名前だったという。

1時間で6000箱を作るというポッキー工場。その4つの行程に迫った。

チョコレートは濃厚なビター味

テレビ公開はほぼ初公開。焙煎したカカオ豆を細かくつり潰し液状に。この液状化したものがチョコレートの元となるカカオマス。ここでの味見すると苦みがある。

カカオマスには甘味がないので、砂糖、粉ミルク、ココアバターを入れ粘土状に。滑らかにするために、粉末にする。これに熱を加えればチョコレートが完成。ここで試食すると苦みがまだある。

ポッキーのステックの部分が甘めになっているため、チョコレートは苦みがあっても、一緒に食べるとチョコレートの甘味を感じることが出来る。

生地を焼くオーブンは全長25m

小麦粉に砂糖などに加え、プリッツと同じ生地をつくり、ローラーで5mm程度の厚さに伸ばし、パスタのように長く切り出す、オーブンへ。

生地を焼くオーブンは全長25mという長さだ。

オーブンの秘密

オーブンの温度は入口と出口で大きく異なるという。

入口:200℃以上
中央:150℃
出口:100℃

だんだん温度を下げるという。4分間通過させながら焼くと、カリっとした食べ応えにになるという。

お馴染みの柄と切り方

ポッキーにはおなじみのつぶつぶの模様。その模様とは、ポッキーを焼き上げる時の金網の焼き後だという。

焼く前の生地に一定の間隔でわずかに切れ目を入れ、ベルトコンベアーのスピードを速くすると、切れ目が引っ張られて自然と折れる仕組みだという。

チョコレートのつけ方

ここにきて、撮影NGとなった。チョコのつけ方は、本社全社員4,780人中、約20人ほどしかしらないという、トップシークレット。

スタジオにきた、グリコの小林さんは数少ない知っている人だが、おいしさの秘密と、低コストの秘密ともなるので、言えないと口を閉ざした。

昔は1本づつチョコをつけていたというが、企業秘密だということで聞きだすことができなかった。

若い女の子の間で、デコポッキーというのが流行っているという。チョコレートを塗ってい板状にして、チョコレートのペンで好きなメッセージを書くという。

また、大阪と京都のデパートだけには、バトンドールという高級なポッキーも売っているという。日によっては2時間待ちという人気。

スタジオでは、めちゃくちゃうまい!!と大好評。

林先生の初耳学では、チョコレートダイエットなるものも最近流行りで、ドクターズチョコレートが超人気だというので、驚きですね!

LINEで送る

 - テレビ, 情報, 食べ物 ,