芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

膝が鳴るのは注意!ゴッドハンドが教える猫背解消方法!|嵐にしやがれ

   

LINEで送る

2月20日に放送された「嵐にしやがれ」は、二宮和也さんの肉体改造計画が始動!音声さん泣かせのしゃがむと必ず鳴る二宮さんの膝。肉体改造でその音を鳴るのを防ぐ!というものだ。

早速調査

早速、屈伸すると、「パキッ。ポキッ。」とほぼ必ず鳴る。緊迫したドラマのシーンでも、「パキッ。ポキッ。」となってしまい本人が改めてその映像を見ると爆笑。

困ってる人とは

自分は困っていないので、どうでもいいと思っているというが、音声さんは、「二宮さんの関節の音を消すために、この業界に入った訳ではない。」とコメント。監督も「感情移入できない。」とややヤラセ感のコメントでスタジオ爆笑。

なぜ鳴るのか?!

関節の名医と呼ばれ、全国6000人のBestDoctorsに選ばれた杉本和隆院長。横綱白鵬関の主治医の超一流ドクター。

関節というのは、関節の袋がある、そこに一定の圧がかかっている。その空気の圧が変わることでパキパキとなるんです。と説明した。

ただし、関節がなるシステムは、現代医学でも完全には解明されていないという。有力な説がキャビテーション。関節包の中にある滑液の圧力が下がることで炭酸飲料のような気泡が生じ、はじける時の音だという説がある。

あまりずっと鳴らすと節が太くなるという。なぜ太くなるというかというと、関節炎(炎症)が起きているといい、本当は音がなるのは良くないという。そんな膝に問題を抱えているのは、日本人の4人に1人。3000万人もいるのだという。膝の音を解決する方法を紹介した。

関節改善プロジェクト①

食生活

軟骨を構成するのは、ヒアルロン酸やコンドロイチンなどで、甲殻類の殻や、フカヒレ、ラム肉だ。軟骨の代謝をよくするのが、カルシウムや、ビタミンDなどが多い、納豆やゴマだ。

関節改善プロジェクト②

筋トレ

筋肉が少なかったりアンバランスに筋肉がついていることが多いと、関節への負担が高いという。「つらいよー。」と二宮さんは、苦痛の表情。

関節改善プロジェクト③

ストレッチ

ゴッドハンドと呼ばれ、予約は2年待ちのさかい保健整骨院の酒井慎太郎先生。先生が二宮さんの音を聞くと、苦笑い。このまま放置するとロコモティブシンドロームになると警告。

膝が鳴る人は、首や腰の症状も悪い人が多いという。関節が悪い人を見分ける方法を紹介。それは…。

関節が悪い人を見分ける方法

背中を壁につけ、後頭部・肩甲骨・お尻・かかとが一直線にくる人がよい。

頭を壁につけることが出来ない人は、頭部が前にでる→腰が曲がる→膝が曲がると連鎖し悪くなっていくという、猫背な状態。

猫背を治す方法

◇睡眠編

①枕をせずに、床に寝る
②頭の横に枕をおいて頭を挟む
※最初の3時間の深い睡眠のときだけでもよい
これだけで、すごい効果だと先生はコメント。

◇ストレッチ編

①横になる
②テニスボールを膝の裏に入れ、膝をかかえる

朝起きた時に3秒やるだけで効果は絶大だ。

色々やった二宮さんが、実際に、300人の前で屈伸をすると…。

ボキボキ…。

300人は大爆笑。

いずれ治るといいですね!笑

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ , ,