芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

デビルズプール !ゾウラッシュ!何でもやる!イモトさんザンビアへ|世界の果てまでイッテQ!

   

LINEで送る

2月21日に放送された「世界の果てまでイッテQ!」、イモトさんの目指せ196か国制覇!として、93か国目となるのが、ザンビア共和国。

ザンビア共和国

・アフリカ南部に位置する
・面積は日本の倍
・人口は1,050万人
・1964年にイギリスより独立
・銅が有名
・公用語は、英語

世界的に話題!

昨年ザンビアが世界的に話題になった。それは通貨「クワチャ」の急落。大統領が取った打開策は…。会社や学校を休みにし、神頼み。その結果…。

V字回復となり、世界的話題に。

女性はエクステ

女性はほとんどエクステをつけているということで、イモトさんも美容院へ。

地毛を編み込んだ後、裁縫みたく針や糸でエクステを縫い付けた。結果…。

事故にしか思えない状態に。本人は「今までの人生で一番似合う。」とコメント。

食文化リポート

・主食はトウモロコシの粉を練った「シマ」
・定番のおかず芋虫「モパニ」の炒め物

イモトさんはシマと一緒にモパニをパクリと食べると、エビみたい!と美味しい!とコメント。

続いて、食べて何の食材かあてるクイズを実施。クイズをするまでもなく「はっきりいってよ!!ヤツでしょ!臭いと弾力はヤツだ!」と連呼。いやいや食べると、震えるイモトさん。その答えは…。

ヘビ

ヘビ芸始めて9年。やっぱり駄目だわと、うまい具合に距離を開けてほしい。とディレクターに懇願した。

動物編

ツチブタを紹介してもらう予定だったが、ツチブタが住処を変えたということで、カエルを紹介された。アメフクラガエルという名前で、手足が短くてジャンプができないカエルという。

ツチブタは画像で紹介された。鼻はブタだが、見た目はウサギ。アリクイのような舌を出す。結果、どこにも属さず、ツチブタ科という種類。

さらに、サファリパークに行くと、日本と異なり、歩いてまわる。3歳で野生に返すまではサファリパークで育て、隣で散歩するという異常な状態。

歩いてまわると、ゾウに出会う。ゾウは、落ちているものを絶対に踏まないということで、検証した。

検証内容

イモトさんのスマートフォンは、ゾウは踏むのか踏まないのか。

イモトさんは周りを巻き込みスタッフ含めた5人のスマートフォンを並べてみた。早速6頭のゾウが登場!!!結果。

1頭目:鼻で加えて上に乗る人へ。その他はよけた!
2頭目:よけた!
3頭目~6頭目:よけた!

怒涛のゾウラッシュだったが、なんとか無事だった。

ゾウは足の裏に神経が集中しているため、地震などにもいち早く察知できる繊細な動物だという。

ヴィクトリアフォールズ

世界遺産となる、世界三大瀑布のヴィクトリアフォールズ。幅1700m、最大落差は108mという。毎秒5億リットルの水が落ちる。

その中に、デビルズプールというものがあり、深さ3m。入っても流されないというが、すぐ先は、何百mという滝つぼだ。お約束のポーズとして、滝つぼの前でタイタニックポーズを演じた。うっとりした顔をしたイモトさんは流石だ。

ゴージスイング

70mの自由落下。

いつも飛んだらすぐスタジオになってしまうから、スタッフが飛ぶなら、私も飛ぶ!という条件を出したイモトさん。

スタッフはことごとく、泣きそうな顔で跳べない。

イモトさんは、簡単にジャンプし、スタジオへ切り替わり爆笑となった。

前回のイタリアモナコへは、ビジネスクライマーとして頑張りましたが、今回は、ゲテモノに、ジャンプにイモトさんは相変わらずすごい根性だと思いました。

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 海外 , ,