芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

宮川大輔さん スペイン カルソッツ祭で一点見つめ?!キラキラ?!|世界の果てまでイッテQ

   

LINEで送る

2月28日に放送された「世界の果てまでイッテQ」は、大人気シリーズ「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」だ。

そんな祭りシリーズも10年目という快挙。宮川さんの楽屋で急遽お祝いソングからスタートした。題名「あかん」をティーナ・カリーナ(※)さんが熱唱。

※ティーナ・カリーナさんは、レコード大賞新人賞を受賞

今回のお祭りは…。

スペイン カルソッツ祭

カルソッツ祭とは

早速スペインへ。バルセロナから車で90分のカタルーニャ州バイス村

案内してくれるのは、実行委員のセルジさん。祭りの注意点を聞くと「行き過ぎないこと。」と全貌がつかめない回答をしてきた。

カルソッツとはいったい何なのか。それは…。スペインのブランド長ネギのこと。11月から4月にかけて収穫されるカタルーニャ州の特産品だ。1979d77c072c805389042a42f633f01a_sカルソッツ祭りとは、丸焼きにされた長ネギを制限時間内にどれだけ食べれるか競う大食い大会だ。

早速、宮川さんが一口食べると、うまい!と絶叫。ネギとネギの間のドゥルドゥルが美味しいと独特な言い回し。味は、日本とは異なり、さっぱりしている。酸味と辛みが少なくニラとネギの間だと語った。

競技ルール

・競技は45分間食べ放題と、時間が長い。
食べる部分はネギの白い部分だけ。
・前年優勝者は200本食べ2.5kgも食べたという。

事前に10分練習で食べてみる宮川さん、ハイペースで食べるものの、得意技の「一点見つめ」が出た。急激にスピードが落ちた。

10分での記録は43本と好成績。45分で優勝圏内行けるのではないかと期待が持たれた。

祭開始

優勝したいと思います!と宮川さんが気合満点。結果はどうなるのか?!

◇祭のルールを改めて説明
・参加者18名
・45分間でカルソッツをどれだけの量食べれたか競う
・吐いたら失格

過去優勝8回のアドリアさんが前評判が高い。緊張の中スタートした。

15分経過:5番目の早さで50本

25分経過、なんと「一点見つめ」(笑)

138本目を手にすると、再び「一点見つめ」(笑)

なんとか、耐える宮川さん、気合十分だ。ここにカルソッツ君が登場。ゆるきゃらでもなくちょっと怖い顔だった。ここで終了!

集計が始まる。。。

試合終了後、おえぇとしてしまったが、試合中ではなかったので、問題なしだ。

なんと、第4位!宮川大輔!156本と大盛り上がり!

宮川さんはキラキラと大粒の涙を流した。

宮川さんも、先週の軽々とゴージスイングを飛ぶイモトさんも、この番組は根性がスゴイですね。初参加で結果を残し、感動的なエンディングでした。宮川さんおめでとうございます★

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 食べ物 ,