芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

仕事帰りに「鬼トレ」24時間ジムのクロスフィットとは?!|WBS

   

LINEで送る

3月8日に放送された「WBS」では、限界に挑戦、「鬼トレ」時代について追った。

午後10時半東京赤坂、24時間のジムで仕事帰りのビジネスマンが多くいる。健康意識の高まりから、24時間ジムが流行っている。

なぜ、疲れているのに、ムチを打って体を鍛えるのか、その真相を追った。

なぜ仕事帰りに運動?!

「トレーニングした夜はぐっすり寝れる。」
「慣れたら運動した方が次の日元気がでる。」

と人気だ。運動で疲労回復するという考えが欧米では流行っているが、日本でもその考えが浸透しつつあるという。

検証

運動で疲労回復するのか、筑波大学で検証。検証方法は、下記の通り。

①ストレスをかけて脳の疲労状態を作る。
②10分間の軽運動

ストレスをかけると、脳の機能が落ちるが、運動すると急激に上がった。つまり疲労度が改善されたということだ。

鬼トレとは?!

こうした中、フィットネスをハードに進化させた、通称「鬼トレ」が人気だ。

クロスフィット ハート&ビューティーを取材。アメリカで爆発的に人気となっているクロスフィット。クロスフィットとは、10個の運動パターンを満遍なく行う、米軍の特殊部隊も導入しているという。

ローイングというボート漕ぎや、デッドリフトというバーベルを持ち上げてモノを持ち上げる力を鍛える。超ハードだ。

早朝から鍛えている人にインタビューをすると、「頭がスッキリする。頭の回転が早くなる」「ビジネスでは毎日同じことの繰り返し、1日1日達成感がある。」と大人気。

1時間で目標を達成することに、ビジネスマンには人気だという。

ターザン大田原さんは、「高負荷のインターバルトレーニングが世界中で流行。短時間で結果を出す体の機能を高めるトレーニング方法の流行している。」と語った。

フィットネスバトル

最近は、フィットネスエンターテイメントとして、建物全体を縦横無尽に走り、鍛えた体を披露するのが人気だという。

こうした動きで、リーボックは、競技用の商品の生産を中止して、フィットネス用品に特化する戦略にかじをきったというので、驚きだ。

どうしても、運動嫌いな人も多いと思うが、一度とことん鬼トレしてみるのもありかもしれませんね!

LINEで送る

 - テレビ, ニュース, 情報 , ,