芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

アメリカ大流行の「フラフ」を食べ、イモトさんパイソンチャレンジへ|世界の果てまでイッテQ!

   

LINEで送る

3月20日に放送された「世界の果てまでイッテQ!」では、季節のビッグイベントを珍獣ハンターイモトさんがワールドツアーとしてアメリカへ。

イモトさんは、LED棒人間というアメリカで人気の姿で登場。黒の全身タイツに一本の人型LEDライトがついている。

3年に1度マイアミで行われるパイソンチャレンジへ。

ニシキヘビ捕獲するコンテスト、一番大きいヘビを捕まえると5,000ドルの賞金がでるという。野生のヘビということで、結果がどうなるのか楽しみだ。

アメリカの流行り!

まずは、アメリカの流行りをご紹介!ということで、塗るマシュマロのフラフというのが大人気だという。

パンに塗って食べると、激うま。「今後爆発的にくる!」というほど、イモトさん大興奮。

また、彫りが深く小顔に見えるように陰影をつけている、途中段階がピエロみたいなので、クラウン・コントゥアリング(ピエロ・輪郭削り)という。イモトさんもそのメイクをすると、キレイに。

と楽しんだところで。パイソンチャレンジへ。

パイソンチャレンジ

野生のヘビを探して一番大きいのを捕獲した人が優勝だ。

その大会期間は1か月だ。

ヘビ恐怖症のイモトさんも「やるぞ!」と意気込んだが…。アメリカの某チャンネルが独占放送権をもったため、放送できないことに。パイソンチャレンジではなく、勝手に敷地で取るという内容に変わった。

エバーグレーズ国立公園へ。

足を草むらに入れたら噛んでくるから、その時捕まえろとアメリカのハンターから指示。イモトさんは「うぎゃぁ」と騒ぎまくりで2時間。

なんと3.2mのニシキヘビが見つかり、ヘビ恐怖症のイモトさんは腰が引けた。「無理!!!ごめんなさい!!ぎゃーーーー!」とカメラに突進。大混乱の現場。

ヘビが落ち着いた所で少し触り「すごい筋肉!ぎゃー!」とレポート。何だかんだで触っていたのが、流石のプロ根性でした。

先日放送された、スペインカルソッツ祭では、宮川さんが奇跡の結果になりましたが、この番組はワールドワイドで凄すぎですよね!

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 地域 , , ,