芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

中居さんのスーパーフードはかつ丼?!押切もえさんスーパーフードの誤った活用法|中居正広のミになる図書館

   

LINEで送る

3月21日に放送された「中居正広のミになる図書館」は、3時間SP、芸能人が信じてこだわった美容・健康方法の知りたくないガッカリ情報を専門家が指摘した。

押切もえさんは、スーパーフードを多く取っており、千賀健永さんも好きだと大興奮でスーパーフード話でもりあがった。

押切もえさんのスーパーフード活用法

①チアシードはそのまま食べる
②ヘンプシードナッツもそのまま食べる
③野菜パウダーは、パン粉と混ぜて焼き物に使う
④野菜パウダーで酵素を摂っている

美を保つために、必要だと押切さんは熱弁。そんな中知らなきゃよかったは…。

知らなきゃよかったこと①

押切もえさんのチアシードの食べ方は、お腹を壊しやすく栄養素が無駄になっている。

押切さん「えーーーー!」とショックを受けている。

内科医の大森医師によると、チアシードは乾燥したまま食べると、腸内の水分を吸収してしまい、腸閉塞になるおそれもある、便秘や下痢になると解説。

チアシードは種子なので、発芽毒があるとされているため、生ではなく水に浸した食べ方を推奨されている。

さらに、皮が硬いのでそのまま食べても、必要な栄養素を吸収できない。スーパーフードと思っていても、栄養素を取れていない可能性があるという。

一般的には、12時間以上水に浸してから食べる。「えーーーー」と押切さんがさらに驚いた。また、摂りすぎると体内で余計に酸化し、逆に老化の原因になるんです。

「だから、かつ丼でいいんですよね~!」と中居さんがツッコミ、スタジオ爆笑。

知らなきゃよかったこと②

野菜パウダーには、酵素は含まれていない。

押切さん「えーーーー!何食べてたんでしょうかー。」とショックを受けている。

生きたままの酵素を摂るには、生のモノを摂るしかない。ただし、野菜パウダー自体はいろんな栄養素があるので、体にはよいと解説した。

何でもやりすぎにはよくないので、決まった食べ方や量が一番ですね!

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報 ,