芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

本日のよく読まれている記事

Sorry. No data so far.

ショートバウンドを反らさない特技のとにかく明るい安村さん パンチ佐藤さんのノックに撃沈?!|口だけ芸能人を撲滅せよ!有吉執行

   

LINEで送る

3月29日に放送された「口だけ芸能人を撲滅せよ!有吉執行」は、口だけ芸能人の無責任発言を徹底摘発!口だけじゃないことを証明させた。

とにかく明るい安村さん(34)は、奥さんと1人娘がいる。そんな彼の特技は、ショートバウンドを後ろにそらさないこと。

ショートバウンドとは、野球でキャッチする直前にバウンドをしてしまう状態。バウンドの方向を予測して瞬時にキャッチするため、難しいと言われている。

ブログの発言をつきつける

テレビ局入りしようとする本人に、直撃。

「そらさない。自分は高校時代に甲子園にでた。どんな速い球でも捕れます!」と宣言。テレビ局入りするところを確保し、グラウンドへ直行。

罰ゲーム

取れなかった場合、思い出の品々を壊すという。それは…。

①大谷翔平のサインボール
②結婚記念日に購入した夫婦茶碗
③TV出演のDVD
④売れない時代にずっと着ていたコート
⑤甲子園出場時の甲子園の砂

プロ野球選手でも後ろにそらすことがあるという、ショートバウンド。一体結果はどうなるのか?!

検証開始!

ノックのスタートは65km。最終的には、110kmまで挑戦するという。

品物は失敗するたびに壊れていくという緊張感だ。

1球目:65km

みごとなキャッチ!まだスピードは遅いか。。。

2球目:70km

横っ跳びでキャッチ!これはすごい!とスタジオ興奮。「全部とるぞ!」と安村さんも気合を入れた。

3球目:75km~6球目:90km

全てキャッチ!「高校の時よりうまいぞ!」と右手を上げる安村さん。

7球目:95km

超速球が、横へ反れたが、ダイビングキャッチ!あまりの凄さに安村さんも笑った。

8球目:100km

ついに大台100km。あまりの速さに体が逃げたが見事キャッチ!うますぎる!

9球目:105km

ちょっとバウンドが反れた…。取れず…。取れなかったが、茶碗が落ちなかったトラブルが発生。さらにトラブルが発生。順番には関係ないのコートが強風で落下。墨汁まみれになってしまった。安村さんも関係ないじゃん!と吠えた。

10球目:110km

正面にきて、見事キャッチ!正面にくれば簡単に取れる姿にスタッフ茫然。

そこへ、罰がないので面白くないと、追加でパンチ佐藤さんのノックを3本追加となった。

パンチノック!

1球目:元プロとは思えないほど、ノックが下手。ショートバウンドどころかライナーで宝物へまっしぐら。すれすれで当たらず、テレビ的には面白い姿に。

2球目:またしてもショートバウンドが打てないパンチさん。

運命の3球目…。

3球目:カキーンと打ったボールは、直接宝物へ。思い出のDVDが墨汁に使った。「ショートバウンドじゃねーじゃん!」と安村さんは怒った。

あまりのうまさに、有言実行となった。

私も野球をやっていましたが、ショートバウンドは本当に難しいです。安村さんさすが高校球児ですね!

LINEで送る

 - スポーツ, テレビ, バラエティ , , ,