芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

本日のよく読まれている記事

Sorry. No data so far.

ストレスにはボランティア!辛い時こそ人助けで回復?!|世界一受けたい授業

   

LINEで送る

4月2日に放送された「世界一受けたい授業」は、男性vs女性3時間スペシャル。

テストや仕事にかかるストレスをプラスに変える方法。スタンフォード式「ストレスを力に変える方法」を公開した。

思い込みと寿命の健康について。歳を取ることを「知識や経験が豊富になる」とポジティブな人と、「自分は役立たず」というネガティブにとらえる人は、8年も寿命が違う(イェール大学調べ)というのだ。

ポジティブだと、健康のために運動したりするが、ネガティブだと、「どうせ歳だし」という感覚の違いで、結果運動したことで長生きに繋がるというのだ。

スタンフォード大学のケリー先生がストレスについて教えてくれた。

思い込みはよくない?!

ストレス受けると心拍数が上がり、心臓の血管が収縮。ハーバード大学の研究だと、ストレスが人間にとって大事と伝えると、心拍数は上がるが心臓の血管の収縮は見られないという。

思い込みを変えるだけで体の反応が変わることが証明されたのだ。

ストレスには女性が強いという。女性はよく友達と話し発散、免疫機能を高めるという。

実験

アメリカで実験。

テスト中にアドレナリンの量を計測。ストレスで興奮すると、アドレナリンが分泌。ストレスで興奮した人と、リラックスした人で試験結果を確認。

ストレスを受けた方が結果が良かったのだという。アドレナリンは五感を研ぎ澄ませ、意識を集中させる効果も。

ストレスを力に変える方法

辛い時に早く立ち直る方法。それは…。

ボランティア活動

自分が辛い時こそ、人のために何かをするということ。

ストレス状態の時に、ボランティア経験がないと、死亡率は30%も増えるという。前を向いてストレスと友達となって欲しいと、ケリー先生は語った。

ストレス社会。小さなボランティアでもやってみようと思います。

LINEで送る

 - テレビ, 医学, 情報 , ,