芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

集英社「週刊少年ジャンプ」へ潜入!No1であり続ける理由とは?!タイトルロゴは1人で作る?!|林先生の初耳学

   

LINEで送る

4月3日に放送された「林先生の初耳学」は、少年ジャンプから出題。

少年ジャンプの発行部数は232万部、日本のすべての雑誌で10年以上No1という。

1994年には伝説の1冊が、それは発行部数が653万部という驚異的な数字。当時は、ドラゴンボール、スラムダンク、キャプテン翼など、オールスターが勢ぞろいとなっていた。

今回は集英社に特別に潜入した。どんな初耳学となるのか。

『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ、WEEKLY JUMP) は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』、『WJ』 など。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名。

引用:Wikipediaより

少年ジャンプ編集部へ

編集部は若い人が多い。

読者が若いので、読者に一番近い感覚を持った若い編集者を配属させるという。8割以上が20代というので驚きだ。

さらに、若手でも大御所にダメ出しをするというのだ。例えば、26歳の編集者がこち亀の大御所 秋本治さん(67)にも容赦なしだ。対等な関係がヒット作を生むというのだ。

ドラゴンボール、ワンピース、NARUTO、北斗の拳にはある意外な共通点があるという。林先生はわかるのか…。

初耳

共通点とはなにか…それは…。

初耳学

タイトルロゴに共通点

タイトルロゴを作っているのは、漫画家ではなくデザイナー

ドラゴンボール、ワンピース、NARUTO、北斗の拳の4作品のロゴは1人のデザイナーが作成しているという。

デザインの部分はジャンプ編集部で作る。漫画家が作品に集中できる環境作り、それがジャンプがNo1であり続ける理由だと語った。

自分が子供の時からあるジャンプ。こんな秘密があったとは知りませんでした。

LINEで送る

 - テレビ, 情報 , ,