芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

筋膜はがし・眉筋はがしはシミやたるみになる?!筋膜リリースに|中居正広のミになる図書館

   

LINEで送る

4月12日に放送された「中居正広のミになる図書館」では、若村麻由美さんの美の秘訣で話題の筋膜はがし。

その筋膜はがしにまさかの事実が発覚した。

筋膜とは

筋肉だけでなく骨、内臓、血管、神経など体中のパーツを包む網タイツのようなもの。

若村さんのやり方

筋肉との間の膜を3秒くらい引っ張っている。

悪い所は痛い。それで健康によくなるんではないかと思って続けている。さらに、眉筋はがしとして、眉毛を引っ張っている。コリが取れ、キメも細かくなっている気がする。と語った。

知らなきゃよかった

皮膚科医の三浦先生が説明。

眉筋はがしなどの顔面マッサージはシミやたるみを悪化させる。

薄くデリケートな顔の皮膚を強く引っ張っているので、シミとたるみといった悪い影響が出てくる。

コンタクト性眼瞼下垂といって、コンタクトをつける時に、上まぶたの皮膚を引っ張って装着すると、皮膚がいつの間にか伸びてしまって、目が空きにくくなるそうだ。

肝斑は20代後半~40代の女性に多く、原因として女性ホルモンの関与が大きい。過度の刺激で悪化するので、気を付けてほしいと解説。

シミに悩む女性の3人に1人が肝斑だと言われているので、引っ張るなどの強い刺激は禁物だ。

筋膜に詳しい竹井先生も、○○はがしではなく、筋膜リリースと語った。

さらには、顔を引っ張るのはやめた方がいい、間違った情報を広めないで欲しいと伝言。

しっかり本などを読んで、調べた方がいいですね。

自己流のマッサージには注意が必要ですね!

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報, 美容 , ,