芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

本日のよく読まれている記事

Sorry. No data so far.

駆け込み寺ビジネス!パソコン・スマホはPC DEPOT(PCデポ)へ!|がっちりマンデー!

   

LINEで送る

5月1日に放送された「がっちりマンデー!」では、困った時はここへ!儲かる「駆け込み寺ビジネス」だ。

パソコン・スマホの駆け込み寺

全国126店舗あるパソコンショップPC DEPOT

シニア世代の駆け込み寺だ。

メーカーにかけても繋がらない。そもそも伝えたいことが伝えにくい。

使い方や設定など、どんなことも解決してくれるという。さらに、他店で購入したモノもサポートをしてくれるという。

わからなかったことがあると、ナレッジセンターとなる中枢へ各店舗から問い合わせ。ナレッジセンターでも答えがないと、各店舗にヒアリングするという仕組みで、解決率が高い。

月4,500円で、7台までのIT機器をサポート。すでに会員数30万人もいるのではないか?と言われている。

◇PC DEPOT

http://www.pcdepot.co.jp/

着ぐるみの駆け込み寺

KIGURUMI BIZは、2,000体以上の着ぐるみを制作している会社。

もっと元気に動きたいと、内部に空気を循環させることをする仕組みをいれたりしてくれる。

機能向上に努めることで、昨今の着ぐるみブームを後押ししている。

はんこの駆け込み寺

福岡県福岡市にある「はん ひでしま」というお店。

壁にはぎっしりのハンコ。10万種類もあるというのだ。

よくある印鑑タワーは5,000種類。苗字の80%を対応している。
10台で、5万種類。苗字の98.5%を対応となる。

残り1.5%は超珍名!それが5万種類も。

超珍名の悪霊さん、十八女(さかり)さんなどのハンコも対応しているので驚きだ。

大手企業の駆け込み寺

埼玉県所沢市にある、株式会社井口一世 大手企業が殺到しているという。

それは、金型なしで精密な部品を作る。

例えばコピー機だと2,000個は金型が必要。金型を作るだけで30億もかかる。
2,000台位までの量産ならば、井口一世に発注した方が3分の1以下のコストで収まるというのだ。

先日大ヒットだった手作りビジネスに、今回の駆け込み寺ビジネスに、機転を利かせれば個人でも儲かる仕組みは色々とありそうですね!

LINEで送る

 - テレビ, 地域, 情報 ,