芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

テディベアの世界!マツコベア!世界最高額のテディベアとは?!|マツコの知らない世界

   

LINEで送る

5月10日に放送された「マツコの知らない世界」では、テディベアの世界。

案内人

5130体のテディベアを作ってきた吉川照美さん(55)

・28歳:8万円のテディベアに出会い人生が変わる。
・29歳:テディベア作家として活動開始。
・32歳:雅子様のご成婚で献上(雅子さまベア)
・43歳:愛子さまのご生誕で献上(愛子さまベア)
・現在:高田で500体のテディベアと暮らす

マツコさんに手作りのマツコベアのプレゼント!かわいいですよね。

三大ベアブランド

・シュタイフ(ドイツ)

耳にタグが付いているのが特徴。黄色は定番商品、白色は限定商品。背中に本物のクマと同じコブがある。

世界最高額のティデベアは、テディガール。

お値段は1,760万円。

・メリーソート(イギリス)

カラー・サイズが幅広く、初心者におススメ。チーキーが人気。耳に鈴が入っていて、手足が短いのが特徴。チーキーはエリザベス女王が命名。

・ダッフィー

日本で一番人気。衣装をチェンジして楽しめるのが特徴。

マツコさんが持つと「テディベア体系なのでかわいい!」と吉川さんが大興奮。マツコさんもまんざらではない様子となった。

テディベア作家

日本では500人。

ヒッピーココさん(50)が有名。キズをあえてつけたり、汚れを細かくつけてセンスがいいと太鼓判。

国本雅之さん(58)は、モールで作り3cm以下にこだわるという作家。

マツコ初体験!テディベア作り

①本体を選ぶ。
②ブラッシング。
③ガラス・プラスチックなどの義眼をつける。

目を何をつけ、どこにつけるかがポイント。マツコさんは少し離してつけて完成。「かわいい。」と大興奮となった。

マツコさん同様、見ていてほっこりしちゃいましたね。

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報 , , , ,