芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

カッコの「」『』()<>の意味と使い方とは?!|林先生が驚く初耳学

   

LINEで送る

6月12日に放送された「林先生が驚く初耳学」では、カッコの使い方について。

地下鉄の表示には、カッコが二種類ある。

二種類のカッコは、意図的に使い分けている。林先生は知っているのか…。

知っていた。

解説

僕の指導は、現代文。文章を書くときに「カッコの使い分け」は指導する立場と、解説をおこなった。

( )…丸カッコ
< >…山カッコ
「 」…カギカッコ
〔 〕…亀甲カッコ

「カギカッコ」は、近くにランドマークがあることを表示。(丸カッコ)は、駅を造るのに協力した企業・団体名。

例えば、赤坂(TBS前)、これはTBSが建設に協力したことがうかがえる。

さらに林先生は解説を続けた。

二種類のカッコ

「カギカッコ」

『二重カギカッコ』

の使い分けを解説。

『二重カギカッコ』は、本や雑誌の名前で使う。「カギカッコ」は、雑誌の中の作品名。

例えば、北斗の拳の単行本を買う時は、『二重カギカッコ』だが、ジャンプなどの中にある作品としたら「カギカッコ」となる。

普段知らずと使っている人も多いのではないでしょうか。この機会に覚えたいですね!

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報 ,