芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

本日のよく読まれている記事

Sorry. No data so far.

上海ディズニーランドがついにオープン!客や従業員のマナーの課題も|WBS

      2016/06/16

LINEで送る

6月15日の「ワールドビジネスサテライト」から、明日オープンするという中国の上海ディズニーランドの話題についてご紹介。

上海ディズニーランドは、いよいよ明日開業だという。

そんな開業を前に、中国ならではの新展開と課題があるという。

敷地面積は日本の倍!

上海ディズニーリゾートの敷地面積は4k㎡で、なんと東京ディズニーランドの倍の広さだという。

費やした総工費は約5800億円だそう。

また、大人1人の入園料はハイシーズンの8月末まで、およそ8000円で、東京の7400円よりも高い価格設定。

上海ディズニーリゾート独特のものなど!

上海ディズニーリゾートのパイレーツ・オブ・カリビアンでは、上海が初導入となるこれまでとは全く違う新しいシステムが搭載されているという。

それは、世界最新設備を導入したことにより、今までにない大迫力の演出が楽しめるそうだ。

また、中国のあのゆっくりとした独特の音楽に、ドナルドダックが拳法のような動作を交え観客を楽しませるなど、園内の至る所で中国独特の演出も楽しめるようだ。

お土産では、チャイナ服をきたミニーマウスの人形などこちらも中国限定のお土産も。

しかしながら、とあるマグカップは約1000円、ぬいぐるみは約3200円など、パーク内で販売するお土産は、強気な価格設定だという。

テーマパークの隣には、映画「トイストーリー」を題材にしたホテルをオープン。

このホテルでは中国ではあまり目にしない、満面の笑みの接客もあり、設備やアメニティーなどでは映画の世界観を楽しめるそうだ。

マナーの問題

中国では、たびたび話題になる客のマナー問題

持参した食べ物をベンチに広げ食べはじめたりする人もいれば、タバコを吸いポイ捨てする姿も。

さらに客だけではなく、従業員のマナーにも課題があるという。

世界一と称されるディズニーリゾートの従業員だが、ここでは、しゃがみ込んだり、スマホを触ったりと褒められた態度ではない姿も。

また、パーク内を自由に出入りできる職員の入館所などをインターネットで売買する様子も紹介されていた。


夢の国ディズニーランドだが、まだまだ改善の余地があるようだ。

とはいえ、ディズニー好きの人にとってはかなり興味がある上海ディズニーリゾート。
改善を図り、世界でも有数のみんなが楽しめるテーマパークとなってほしいものだ。

LINEで送る

 - テレビ, 海外 , , , , ,