芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

本日のよく読まれている記事

Sorry. No data so far.

国内初!健康だと安い保険登場!健康年齢少額短期保険とは?!|WBS

   

LINEで送る

6月16日に放送された「WBS」では、国内初!健康だと安い保険を紹介した。

健康年齢少額短期保険だ。

5大生活習慣病と言われる「がん・脳卒中・心筋梗塞・高血圧・糖尿病」で入院すると保険金が80万円受け取れる。

健康年齢という独自の指標を使うことが最大の特徴だ。個人の健康状態を年齢で表示。職場などで受け取る健康診断の結果で、健康年齢が決まるという。

血圧や脂肪、肝機能などの数値を入力、12項目を入れるだけで、健康年齢が分かる。

健康年齢が実年齢より若いと安くなるというのだ。

大江アナで検証

大江アナも実際に12項目を入力。

健康年齢は32.6歳(実年齢ー4.4歳)

保険料月額1,194円(通常は1,433円)

大江アナは、BMI(体格を表す指標)と収縮期(最高)血圧が良くない。大江アナは10キロ程度太りBMIが改善されるとさらに健康年齢が若返り、割引されると聞き苦笑いをした。

健康年齢を毎年見直し、改善すれば保険料が安くなるというので、健康に意識が高まることは間違いなしだ。

算出の仕組み

①どんな病気の可能性?
②医療費がいくらかかる?
③その医療費は「何歳」レベル?
この「何歳」部分が健康年齢として割り出されるのだ。

日本医療データセンターには300万人分の健康診断・診療データを蓄積しているため割り出すことができるという、この規模は国内最大級だ。

アメリカでも、健康改善に取り組むとスポーツ用品や旅行の割引など特典を与えることで、健康に意識を持たせるという活動が増えているというのだ。

日本でも今後加速することが予想されますね!

LINEで送る

 - テレビ, ニュース, 医学, 情報 , , ,