芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

【感動】女芸人によるヒューマンビートボックス!Daichiさんがやり方を伝授!|世界の果てまでイッテQ

      2016/11/13

LINEで送る

※11月13日更新!

【感動】女芸人が日体大の集団行動の交差へ!助け合う心を学ぶ

6月19日に放送された「世界の果てまでイッテQ」では、前回マリンバで感動的な演奏をした女芸人による集団競技、本日はヒューマンビートボックスに挑戦だ。

伊勢志摩へ

ヒューマンビートボクサーのDaichiさんが指導者だ。

課題曲は、夏祭りだ。

7パートに分解して女芸人が挑戦する。

①スクラッチ
②トランペット
③ベース
④リムショット
⑤スネアドラム
⑥ハイハット
⑦キックドラム

練習開始

Daichiさん曰く、練習に一番簡単なのは…。

どっちかっつうとこっち

というのが一番簡単だという。一つずつの練習方法というと。

①スクラッチ
→親指と人差し指を直角につけた部分を口に当てる。隙間から息を吸って音を出す。

②トランペット(担当:やしろさん)
→口の片方を少し開ける。裏声で空気を唇にあてる。

③ベース(担当:ゆいPさん)

④リムショット(担当:あさこさん)
→カという発音Kaのaを抜く。ゆいPの名セリフ「それがお前らのやりかたK」といい練習。笑

⑤スネアドラム(担当:川村さん)
→息だけでプとスを同時に発音。川村さんが珍しく才能を発揮。ブスと聞こえ爆笑。

⑥ハイハット(担当:オカリナさん)

⑦キックドラム(担当:やしろさん)
→ドというと同時に唇をはじく。女芸人が、練習するとオナラのような音に爆笑。

自称歌手として大島さんが登場。夏祭りの歌は大島さんが歌うことに。

恒例の相撲

なぜか、朝は恒例の女相撲。

「もっと楽しませてくれ!」とゆいP

ゆいPの独壇場でいつも通り終了となった。もはやヒューマンビートボックスは関係ない状態にスタジオも爆笑となった。

本番スタート!

笑いをしっかり取り、練習の成果をスタジオで披露した。

緊張の全員。

Daichiさんは「色々なところで本当に練習していたの自信をもってやって欲しい。」と語った。

夏祭りスタート!

緊張の顔をした女芸人だが、順調な演奏。あまりのうまさにスタジオ中が驚いた。

終わった瞬間、スタンディングで拍手をし、感動的にフィナーレを迎えた。

練習してみて、ちょっとした出し物にしたらかっこいいですね!

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ , , ,