芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

ラップスクールへ!ラッパーACE&掌幻登場!ラッパー漫才開始?!|マツコ会議

   

LINEで送る

7月2日に放送された「マツコ会議」では、ラップの世界に魅了される人々、ラップスクールに潜入した。

お金にいって習うものなのか。と人気の内容を追った。今回は下北沢(北口)Emuスタジオにディレクター鈴木さんが登場。

ラップスクールへ

今日のごはんは炊き立て、これが母の○○と○○を埋める練習からスタート。

生徒が答えると、先生は「一体人生に何があったのか。」とつっこみ、マツコさん大爆笑。

先生はブラジル出身のACEさんラッパーだ。「最近老眼が進んでいて濃い顔が好きよ。」と先生に惚れたマツコさん。

長老登場

長老と呼ばれる男性が登場。

詩の朗読をやっていたので…。とラップに踏み入れた状況を告白。

オルゴールという詩を詠んだ。「私たちはそれほどたくさんのフレーズを奏でられない。…。」と語ると大きな拍手となり、「ラップを習う必要ないんじゃない?!」とマツコさんもツッコむと、熱くラップについて語ると、先生はスマホをいじり、スマホ優先になるとマツコさんは爆笑となった。

なぜラップスクールを?!

「ラップはあまりいいイメージがない。本当はラップに興味を持っているのに、怖くて行けない人達も多い、触れられたらいいなと思って…。」とスクール開校の理由を語った。

「セミナーみたいね。」とACEさんの話に、長老の姿をみてマツコさんは笑った。

山手線ゲーム

DJシオンさんがアシスタントとなると、マツコさんが「あー!!!」と止めた。

一言。「結構好き。」とその顔に惚れた。

マツコさんがお題を出し、ゲームがスタート。

題材:「ジジイ」

ACE先生「ジジイよりなりたいビギー、ジジイになっても聞いているBEGIN♪…」と続けると掌幻先生が「ずるいじゃん!」とツッコんだ。

「ラップ漫才できるわよ。」とマツコさんは爆笑した。

題材:「マツコ」

「マツコさんと一緒にたべるナルト、マツコさん俺のおばちゃんの名前はカズコ…♪」と続けると「いやぁ面白い。」とマツコさんも感心した。

サラリーマン登場

住宅展示場で働いている新人のサラリーマン(ニックネーム:SY)が登場。

1日の反省文をラップで作っているというので披露した。「5月22日お客様へお茶出し。今日は習ったお茶出しすぐ入れにいけまるでゴール前の岡崎、それができなきゃただのお飾り…。♪」

「そんなことやっている暇あったら仕事覚えろ!」とマツコさんは一蹴しスタジオ爆笑。

「ちょっと面白いわね。ラッパーって賢い人しかできないわね。」とマツコさんは感心した。

MCバトル

ACE先生が説明「2人で、ラップをつかってディスり合う。基本的に8小節という…。」と語ると、「お前うますぎるな!」とその話しっぷりに感心。

佐藤タケルさん(ニックネーム:剣心)とSYが勝負。拍手の多い方が勝ちというので、満場一致で剣心となった。

「伊藤園の川柳に募集しなさい。」とSYをマツコさんは諭した。

「ものすごい頭使うし、高尚なお遊びね!」とマツコさんは、ラップスクールを褒めた。

先日、朝の情報番組ZIPでも若者に大人気のフリースタイルラップについて放送されましたが、ラップで気持ちを伝えるのが流行ってますね!

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ ,