芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

巨大プールの水道代は無料?!砂沼サンビーチへ|たけしのニッポンのミカタ!

   

LINEで送る

7月29日に放送された「たけしのニッポンのミカタ!」では、気になる夏の値段として、誰しも気になる巨大プールのひと夏の水道代について追った。

砂沼サンビーチ

10個のプールがある(ウォータースライダー、波乗りビーチ、滝すべりなど)、東京から車で2時間。

東京ドームがすっぽり入る5万㎡という広さ。ウォータースライダーは、東京サマーランド(115m)をしのぐ、120mがウリだ。さらに、スライダーはよみうりランド(41.5m)をしのぐ50mという長さだ。

入場料金は大人1,100円(大人3,000円~4,000円が相場)、子供500円と格安だ。安さと広さで、年間来客者は13万人というので驚きだ。
pool_list出展:砂沼サンビーチホームページより

砂沼サンビーチ
〒304-0056 茨城県下妻市長塚乙4−1

水の量

毎秒15Lで水を注ぐ、1周200mの流れるプールは水を出しっぱなしにして、2日間も注ぐという。1800tの水が入っているというのだ。一般家庭の浴槽にすると9000杯分(24年と8か月分)にもなる。

10種類のプールすべてを満タンにするには、なんと…。

8,000t

ひと夏(営業45日)ではどのくらいの水を使うかというと…。

60,000t

水道代は…。

ゼロ円

ちなみに一般家庭にすると、6万tは、2,400万円ほどかかる。

砂沼サンビーチでは、無料となっている理由は、地下水をくみ上げているためだという。

地下水を使うプールが多いというので、儲かっているプールも多いのでは?!と質問すると、所長の人見さんは「儲かっていない。水をプールに供給するのに、消毒したりろ過したり2,000万円もかかるんです。」と語った。

さらに、監視員などの人件費で6,000万円。修繕費で4,000万円。合計1億2,000万円もかかっているというのだ。

砂沼サンビーチは公営施設ともあって安いため、売り上げとトントンだと語った。

夏の値段、意外と面白いシリーズでした。

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報 , , ,