芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

オードリー春日さんレスリング全国大会へ!必殺技はがぶり落とし!試合内容と結果は?!|炎の体育会TV

   

LINEで送る

8月6日に放送された「炎の体育会TV」では、春日レスリング全国大会へ!として激動の215日間に密着し、埼玉県で開催された2016年 全日本社会人選手権が放送された。

マスターズ年齢区分

マスターズA:35歳~40歳
マスターズB:41歳~50歳
マスターズC:51歳~60歳
マスターズD:61歳~

春日さんはマスターズAへの出場となった。

マスターズA 76kg級トーナメント

15年~20年のベテランでようやく参加できる全国大会を、春日さんは、たった7カ月で出場という快挙だ。

世界大会への出場条件は、2勝以上で日本代表、初戦敗退で即終了となる。

レスリングとは

・ポイントを取り合う格闘技

・難しい技はポイントが高い。立った状態から相手の背中をマットにつけたら4ポイント

・相手の背後に回る、相手を反転させると2ポイント

・相手が場外にでる1ポイント

・10点差がつくとその時点で負け。

・相手の両肩を1秒間つけるとポイントに関係なく勝利

1回戦:小林選手

高校時代は静岡県2位、レスリング20年の優勝候補だ。

◇第1ピリオド

開始早々に、押し込まれ背中をつけてしまい、4ポイントを奪われた。得意のタックルが出せない春日さん。

その後、力で押し込み場外に出して、1ポイントを返した。さらに倒され背後に回られ2ポイントを奪われ、フォール体勢に。危ない…。

踏ん張る春日さんに、攻める小林選手…。…なんとか切り返したが、6-1と大量に失点となった。

◇第2ピリオド

早々に、相手を押し出し1点を返す春日さん。ただ、4点差がきつく、このままだと厳しい。ここから春日さんは、怒涛の攻め、相手を押し倒し、フォール体勢に…。

力を振り絞り、逆転勝利のフォールとなった。準決勝へ。

がぶり落とし

実は大会前に、首を痛めてしまった春日さん。

タックル恐怖症になってしまい、吉村コーチに必殺技を伝授された。それは…。

がぶり落とし

相手に覆いかぶさり力で体制を崩す技だ。試合で使える状況になるのかがポイントだ。

準決勝:大森選手

大森選手(35)は、現役の総合格闘技選手だ。1回戦は余裕のテクニカルフォール勝ちという強敵だ。

◇第1ピリオド

試合早々に何かが起きた。なんと春日さんが宙を舞った。その瞬間大森選手が4ポイント。寝技で立て続けに2ポイント。一本背負いとローリングで6ポイントをたった10秒でとられた。

さらに、反転を繰り返され、2ポイント、合計8ポイント。10ポイントでテクニカルフォール負けとなる。ガンバレ春日と声がかかる。

さらに大森選手の攻めが続く。その瞬間。またもや春日さんが宙に…。

一本背負いを食らい、4ポイントをさらに取られた。12ポイント差がついてしまい、テクニカルフォール負けとなった。たった1分での出来事だった。

3位決定戦へ

前回優勝者の鈴木選手(39)が登場。

この試合に勝てば、日本代表となる重要な一戦だ。

◇第1ピリオド

組み合う二人、まさにパワー同士のぶつかり合いだ。30秒たっても譲らず互角だ。足を取られた春日さん。バックに回られ2ポイント失点。さらにローリングをされ2ポイント失点。4ポイントを取られた。

さらにフォール体制へ。耐えろ春日と…声をかけられたが、フォール負けとなった。

その瞬間、春日さんは悔しさのあまり、言葉少なに、「悔しいですね。」と語った。

全国4位という結果に、「申し訳ない。」と謝った。

春日さんは、まだレスリング7カ月でこの結果。先日のフィンでの世界大会に続いて、チャレンジ精神が凄すぎですよね。

LINEで送る

 - スポーツ, テレビ, バラエティ , , ,