芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

誰でも上手に書ける読書感想文・論文の書き方!事実認識と価値判断とは|林先生が驚く初耳学

   

LINEで送る

8月28日に放送された「林先生が驚く初耳学」では、林先生の超本気授業として、読書感想文、論文の書き方を教えてくれた。

現代文の講師ともなるので、どのような内容か必見だ。

構成

現実認識は、事実認識と価値判断。

例えば、冷蔵庫の中にジュースが6本ある。これは事実認識

それに対してどういう価値判断をするか、人によって買いに行かないという人もいれば、まだ買わないでいいかと判断がずれたこと。価値判断には、理由づけが可能だという。つまり、ぼくは毎日3本飲むからもう買いに行く。私は1週間に1本しか飲まないからまだ買わない。

感想文の場合は、本の気になった一文を書くことで事実認識が可能となる。

まとめ

まとめると。

①本の一文を書く。(事実認識)
②どう思ったか書く。(価値判断)
③なぜそう思ったか。(理由づけ)

これだけで、10行20行はいけると林先生は語った。
43828578de0addfdfa41e825a17ef7fe_s

①~③のワンセットできたら、

類比…似た状況で比較
対比…反対の状況で比較

を追加していくと簡単に文字数がかけてしっかりした文章がかけるという。

◆林先生の授業人気シリーズはこちら!

カッコの「」『』()<>の意味と使い方とは?!

図書館&部活!早めに最後までが合格ポイント!

◇安心国内生産の酵素ドリンク!通常5,980円が初回980円(84%OFF)!

私も文は不得意だったので、活用してみたいと思います。 

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報 , , ,