芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

【テレビ初公開】二重あご解消!超簡単な枕&筋膜運動!2015年10大ニュース(前半)|林先生の初耳学

      2015/12/29

LINEで送る

12月27日の「林先生の初耳学」は、年末2時間スペシャルとして放送された。

2015年10大ニューストップ10だ。特に、筋膜運動の権威が二重あご解消をテレビ初公開なので、要注目だ!

ドローンはマリリン・モンローの人生を変えた?

4月22日に首相官邸の屋上にドローンが落下。放射性の液体を発見し大騒ぎとなった。それについて、林先生が解説。

価値中立性
技術とか科学ってものは、価値は無い。

ちゃんと使えば、すごく役に立つ。逆に悪いことを考えている人にはマイナス。価値的には中立。プラスでもマイナスでもない。技術と科学の価値中立性は、現代文の文章でよく出てくる。

ドローンはもともと、オスのミスバチという意味。
英語で雄バチを書くと、「drone」

ドローンは、マリリン・モンローの人生を大きく変えたという。

飛行機を撃ち落とす訓練に使われていた。
ターゲットドローンとして、訓練用の的として開発された自動操縦の小型無人飛行機だった。

マリリン・モンローは、もともと工場で働いていた。それを作っていたのがターゲットドローン。そこである写真集が出て、この子きれいじゃん!となりスカウトされて、モデル・映画スターとなったそうだ。

マンションを購入するとき、15階建ては要注意!

10月14日、横浜で杭打ちデータ偽装でマンションが傾いた。

最近、新国立競技場のA案で有名になった建築家、隈研吾さんは、イメージは人間の日常を支えたり命を守ったりはしない。コンクリートへの過度の幻想と深い言葉を語った。

住宅の専門家50人に聞いたところ、共通の要注意ポイントがあった。

マンションを購入するとき、15階建ては要注意!

45m以上のマンションは建築基準法や消防法の規制が厳しくなる。儲けを出すためには、同じ敷地にたくさんの部屋を用意したがる。それは、一戸一戸を小さく(低く)した部屋をたくさん作るという。

45m÷15階建て=3m(1階あたり)
45m÷14階建て=3.2m(1階あたり)

となり、天井や床の作りが大きく変わる。そのポイントは、直床二重床。
1階と2階の間に、しっかり床が2つあるのがポイント。2つ作ると15階建てを45m以内に作るのは難しいという。階高をしっかり見ることがポイントだという。

二重あご撃退枕&筋膜運動

2月18日、中国人の爆買い。旧正月「春節」1週間で1140億円も購入したという。

温水便座や、魔法瓶などの家電製品が人だが、今年は化粧品の爆買いとなっている模様。チアシードやココナツオイルなど、日本人も美についての投資が増えている。林先生はこの四字熟語が製品の新たな流れが出たという。それは…。

成城石井

テレビで情報入手→成城石井で購入→ネットで話題にサイクルになったという。美がキーワードとして、二重あごについての問題。林先生は初耳となった。それは…。

枕の選び方を間違えると二重あごになる!

ポイントは筋膜。柔らかい枕&高い枕は二重あごの原因となるという。頭が沈み込んでしまい、筋膜というゴムが延ばされてしまうという。首を上に向けて、さするような運動は有名だが逆効果なので注意が必要と、有名な首都大学東京の理学療法士、竹井仁教授が語った。

竹井教授が進める解消法はこれだ!

■二重あご撃退枕
①タオルを4つ折りに
②6つ折りにしたタオルを3,4枚重ねる

■1日3分二重あご解消法(筋膜鍛え運動)
①両手を後頭部のくぼみにおく
②あごをのど元に付くように引いて5秒キープ
③1日3回で筋膜が鍛えられる


とある女性が2週間実験したところ、びっくりするくらいスッキリしていた。

番組後半は、ラグビー日本代表ユニフォームの秘密?ピース又吉さんが語る太宰治はこちらのページとなります。
以前放送された、肩こりにも筋膜リリース体操がいいと言われています。その大人気ページはこちらから!

私もさっそく筋膜運動をやってみます!来年こそはきれいな首元を勝ち取りたいです!

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報