芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

林先生が人生成功のカギを講義!新たな自分を発見法&過去の自分と向き合える方法とは|林先生が驚く初耳学!

   

LINEで送る

9月11日に放送された「林先生が驚く初耳学!」では、夏休み明けの○○が人生成功のカギと特別授業を行った。

林先生が実践してきたことで、No1講師に上りつめたが、その驚きの方法とは…。

解説

まず、目標を立てる。

出来た、出来なかった、やろうとした、やるつもりはなかった。を4つに分類。

例えば、本を読んだ場合、やろうとして、できたにマーキング。林先生は、やろうとして出来なかったことは人は書かない。出来なかったことがすごく重要だと語った。

やらなかったことを記録しておけば、後から見た時に、あの時”この本を読みたかった”という自分と出会うことができる。今は時間があるから読んでみようかということになる。

それを忘れないために記録して、過去の自分を整理することが非常に重要だと語った。

やるつもりはなかった

意外と大事なのは、”やるつもりはなかった。”

例えば、友達に釣りに連れていかれてやってみたら、「お前うまいな!」「お前向いているよ!」と自分が気付かなかったらやらなかったが、やってみたらできた。

本人は軽く流してしまうが、そこに適正があるかもしれない。と語った。

順番的には、下記順番で大事だという。

1.やろうとした/出来た
2.やるつもりはなかった/出来た
3.やるつもりはなかった/出来なかった
4.やるつもりはなかった/出来なかった

2.やるつもりはなかった/出来た

は、新たな自分を発見できる。

4.やるつもりはなかった/出来なかった

は、過去の自分と向き合える

ことが出来るという。

林先生は大学時代から、この手法を使っていたという。自分も一度書き出してみたいと思う。

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報 , , , , ,