芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

本日のよく読まれている記事

Sorry. No data so far.

【爆笑】男子卓球を盛り上げろ!水谷選手がマツコさんと初!好感度が勝手に上がった?カメラ位置を意識?!|アウト×デラックス

   

LINEで送る

9月15日に放送された「アウト×デラックス」では、愛ちゃんや石川佳純さんに嫉妬しているリオ五輪メダリストとして、水谷選手が登場、マツコさんと初カラミとなった。

男子はひげ・長髪・サンダルがダメなど色々ルールがあった中、卓球日本男子を盛り上げるためにしてきたアウトなこととはどんな内容なのか。

88e5132be450bd0181b9efa4b2405ab4_s

アウト①:襟足を金髪に

ロンドン五輪の際、襟足を金髪に。

水谷選手コメント:もともと襟足を染めるのが好き。金メダルとかけてやった。

結果:メダル獲れず、すべった。国民の怒りを爆買い。

アウト②:ビッグマウス発言

メディアに取り上げられるために、頑張ってビッグマウス発言。

水谷選手コメント:使われないから、使われるように努力していたんですよ。意識的にビッグマウスをするようにした。後輩の丹羽さんと闘う時に冗談で「若い芽を早く摘む。」と発言。

結果:めっちゃ嫌われた。

マツコさんは、あまりの逆効果に大爆笑。本来はスモールマウスですと語った。

アウト③:先輩をくん付け

卓球=マジメというイメージを払しょくするために、インタビューで先輩を「くん」付けで呼んだ。

水谷選手コメント:メディアに「くん」だと印象が悪いと怒られたが、仲良い感じ、砕けた感じを出すために、あえて「くん」付けを連発した。

結果:死ぬほど怒られた。

あわや卓球界を追放されそうな状態までになったという。

アウト④:ど派手なガッツポーズ

卓球=地味で暗いイメージを払しょくするためにど派手なガッツポーズ。

水谷選手コメント:なんもしてないのに、好感度を上げてもらった。

結果:喝を食らった。

水谷選手の見事なリターンエース発言にマツコさんは大爆笑となった。

水谷選手は「ガッツポーズは意識してやってるんすよ。普段の試合ではやらない。オリンピックだからですよ。転がったのがちょっとまずかったかなぁ。」と語り、転がるところを気にしている姿に「そこ?!」とマツコさんは爆笑。

さらに、「カメラを意識していたが、決勝では忘れていて、背面が写ってしまった。」と歴史的瞬間に起こった悲劇を語り、スタジオ爆笑。

私は卓球みてて面白いなぁと思い、早速やりました。水谷選手の人柄にファンがさらに増えそうですね!

LINEで送る

 - スポーツ, テレビ, バラエティ , , ,