芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

チョコの美容や健康効果のキーはカカオマス!高カカオマスの商品の見分け方|林先生が驚く初耳学

   

LINEで送る

9月25日の「林先生が驚く初耳学」から、チョコの美容や健康効果にはカカオマスの含有量が重要だということ、さらにその見分け方についてご紹介。

最近、カカオ70%、80%、90%など、カカオ豆が沢山入っている高カカオチョコレートをよく見かける。

カカオに含まれるカカオポリフェノールには、動脈硬化を防ぐ、脳を活性化、ガン予防、認知症予防、老化予防など様々な効果が研究結果により期待できることが分かってきているという優れもの。

そのため、カカオが高い割合で含有する商品は、今大人気となっているようだ。
もちろん、カカオの味をダイレクトに楽しめるのも人気の秘密だろう。

しかし、同じカカオ70%の高カカオチョコレートでも、商品によって美容や健康の期待効果が全然異なるという。

チョコの美容や健康効果はカカオマスの含有量が重要

大まかに、チョコレートは、「カカオマス」+「カカオバター」+砂糖などの添加物で構成されている。

カカオの健康効果の期待がある成分「カカオポリフェノール」はこの内、褐色の「カカオマス」に含まれている。

しかし、カカオ○%という表記は、「カカオマス」+「カカオバター」の合計の割合で出すそうだ。

つまり、カカオポリフェノールを含有する「カカオマス」の割合ではない為、商品によりその健康効果が異なるというのだ。

例えば、商品AとBにそれぞれ「カカオ70%」と表記されていても
商品Aは、カカオマス40%+カカオバター30%、
商品Bは、カカオマス20%+カカオバター50%、
という場合があり、同じ表記であってもカカオマスを含有する割合が異なるという。

カカオマスを多く含むチョコの見分け方

では、どの程度のカカオマスをその商品が含有しているのかだが、明記していなければ見極めるのは難しいという。

ただし、商品の裏面などにある原材料欄をみると食品表示法により、含有量が高いものの順番で表示することになっているという。

それを利用すると、原材料欄に「カカオマス」が一番最初に表記されていれば、カカオポリフェノールが多く入っていると考えられるという。


チョコレートを選ぶ際にはとても為になる、そんな話題だった。

LINEで送る

 - テレビ, 健康, 美容 , , ,