芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

最新の休息法!1日10分で成績・集中力アップ!マインドフルネスのやり方|世界一受けたい授業

   

LINEで送る

10月22日に放送された「世界一受けたい授業」では、今世界的に大ブームであるマインドフルネス。

科学的にも解明された1日10分やるだけで、成績も集中力もアップするという内容だ。そのやり方に注目となった。

休み明けになんだかだるいという人は、体ではなく脳が疲労している。

脳は1日の活動総エネルギーの20%も使っている。ストレスや考えすぎによって、脳がオーバーヒート。脳回路を回復させる方法が最高の休息法だという。

元エール大学精神科医 久賀谷先生が本日の講師だ。

マインドフルネスとは…。

今までの日本では、禅や瞑想。

心を無にすることが大事とされていたが、マインドフルネスは、その効果を科学的に解明した最新の休息法だ。

YAHOO!などの有名企業でも導入しており、ニューヨークでは8000校の学校で実践。学習への集中力や、記憶力アップ、ストレス対策に有効だという。
1226d5544a74f50b8bb576d58177d163_s

2カ月間のマインドフルネスをやった場合、学習や記憶に関わる脳の海馬の密度が増加。記憶力テストで平均がアップしたという。血中の抗体もアップし免疫力アップにも効果的だ。

マインドフルネスをやるポイント

マインドフルネスをやるポイントは、簡単だ。

今この時だけを意識する

たったこれだけだ。過去や未来を考えると無駄なことを考えてしまう。呼吸を感じることが一番大事だという。

朝10分マインドフルネスを行うと、睡眠ではとれなかった疲労が取れるというのだ。

マインドフルネスやり方①

①背筋を伸ばしてイスなどに浅く座る

②すこし体を揺する
※前後左右に回してもよい

③動くのをストップしスタート
※体の感覚や呼吸を感じ、今この時だけに集中

佐藤栞里さんが2週間実践すると、睡眠の質があがり、目覚めがスッキリしたという。さらにテストを行うと、正解率が324問が545問と大幅な伸びとなった。

また、広尾学園の生徒でも検証すると、10人中9人が成績がアップした。

マインドフルネスやり方②

①自分の体の前で軽く手を合わせる
※手と手の温かさを感じ、そこへ注意を向ける

②この手をゆっくりと上へ伸ばしていく(バンザイ状態)
※血の気が引くような感覚に

③手を握る
※筋肉が収縮している感じになり、指と指が触れているのを感じる

④ぐるっと回しながらおろす
※関節が動いているのを感じる

⑤前で手を揃える
※動きの中で起きる、いろんな感覚や動作に注意を向けるのがポイントだ。

たった10分間1日2回以上行うことで脳の休息になる。

脳を休めることが、現代社会に非常にいいことなんだと感じました。

LINEで送る

 - テレビ, 情報 ,