芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

人類共通で美味しいと感じる料理は3大栄養素のバランス!|林先生が驚く初耳学

   

LINEで送る

10月23日に放送された「林先生が驚く初耳学」では、ミシュランの三ツ星レストランの菊乃井料理長を務める村田吉弘さんが登場した。

学校給食の一部は、欧米化が進んでいるため肥満児が急増。村田さんは、京都府内では、和定食(なごみ)を提供しようと改善に取り組んだ。

村田さんによると、料理は科学と連携が必要。成分の特徴を科学的に分析。調理のタイミングは、経験ではなく計算と言い切った。

そんな村田さんからの出題は…。

全世界73億人の美味しいには共通点が。それは…。

美味しい料理には、科学的共通点がある

これを極めれば家庭でも美味しい料理が作れるというので、林先生は知っているのか?!

知っていた

三大栄養素のバランス

三大栄養素。

①脂質
②糖質
③うま味(タンパク質)

この3つの内の2つか3つが入っていること。どれか1つだけでは美味しいとは思わない。

例えば、中トロの握りは。

①脂質:中トロ
②糖質:ごはん
③うま味:しょうゆ

というバランスになっている。

また、ピザや、ハンバーガーも同じことだというのだ。

◆ピザ
脂質:オリーブオイル
糖質:生地
うま味:トマト・チーズ

◆ハンバーガー
脂質:肉類
糖質:パン
うま味:トマト・チーズ

実は、脂質、糖質、うま味は、実は母乳を構成する成分と一緒。3つの成分をバランスよく含んでいると、人類共通で美味しいと感じるという。

赤ん坊の時から、美味しいと感じるものが決まっていたなんて神秘的ですね!

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報, 食べ物 ,