芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

新三大!角界を沸かせる小型十両力士!小兵力士が大人気!|マツコ&有吉の怒り新党

   

LINEで送る

10月26日に放送された「マツコ&有吉の怒り新党」では、新三大!角界を沸かせる小型十両力士を紹介した。

小柄ならではの痛快な取り組みに大歓声が起きているというのだ。

木瀬部屋 宇良関

◆プロフィール
身長:173cm
体重:128kg
年齢:24歳

2015年角界入り。関取平均身長より10cm低く、平均体重より30kgも軽い。たすき反りという手や、腰投げなどアグレッシブな技が人気だ。

やくみつるさんは「舞の海に突進力が備わった、まさに理想の小兵力士。」と太鼓判だ。

宮城野部屋 石浦関

◆プロフィール
身長:173cm
体重:114kg
年齢:26歳

十両最小、関取最軽量という石浦関。闘牛士のように土俵をくるくると回るときもあり、「闘争本能全開のスピードスター」とやくさんは語った。

尾上部屋 里山関

◆プロフィール
身長:175cm
体重:122kg
年齢:35歳

ベテラン小兵力士。2004年入門から13年目。取り口はいつも一辺倒。

①相手の脇に頭を潜らせる
②左手で相手のまわしをつかむ
③自分の頭を軸に相手を投げる

12年間で4度の幕内昇進するものの、相手の体重が首にかかると、首の痛みで一度も勝ち越しが出来なかった。

やくさんは「不器用な男だが、涙ぐましい執念をもった男。」とべた褒めした。

昔、舞の海さんと小錦さんの取り組みを思い出しました。大相撲の醍醐味ですね!

LINEで送る

 - スポーツ, テレビ, バラエティ , , , , , ,