芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

五郎丸選手 スポーツ心理学!メンタル強化でルーティンが出来るまで|日本くぎづけ大学

   

LINEで送る

12月30日に放送された「日本くぎづけ大学」は、五郎丸ポーズを作った女性コーチが伝授するメンタルを強くする方法。

今年日本中を感動の渦に巻き込んだ、ラグビーW杯。

W杯1勝の日本に対して、25勝の南アフリカ。また最軽量の日本に対して、最重量の南アフリカ。その奇跡の勝利は多くのサポートがあったからだ。

そのサポートの一人には、「一緒に来てくれ」と選手に言われた、一人の女性。

その女性が五郎丸ポーズを作ったという。彼女が語る世界の最新スポーツ科学とは何か。ラグビー日本代表メンタルコーチ、荒木香織さんが語った。

五郎丸ポーズからキックまで

五郎丸選手のプレ・パフォーマンス・ルーティン(※)を行った。
(※)パフォーマンスの直前に行うルーティンを行うこと。

ルーティンのあと、ドレミファソラシドと心に刻みステップを行い、シュートを打つという。

スポーツ心理学では、心理的スキルトレーニングを行う。それは、自分で目標を設定し心のコンディションを整えて、前向きな感情やプラス思考を身に着けていくこと。

ルーティンも、心理的スキルトレーニングの一つであり、ルーティンとは、決まりきった仕事。日々の作業。ルーティンワークのことを指す。

「ただし、ルーティン=決めごと」ではないという。

ルーティンの後は、その次のパフォーマンスの成功率があがるということは、スポーツ心理学の研究でもわかっている。そのためにルーティンは、キックの安定の準備。

ルーティンと8歩で蹴るのがいいと導いたのが今年の7月。8歩をいかにスムーズに蹴らせるかで、リズムのドレミファソラシドは動作を覚えるキーワードとしたそうだ。

ルーティンとの出会い

現在ルーティンとの出会いは、イングランドのウィルキンソン選手。

大学時代にウィルキンソンさんを見て、真似ることから始めたと五郎丸選手は語った。

荒木さんがメンタルコーチに就任した際、エディー監督より「キック成功率を85%に上げろ」と指示があったとのこと。通常一流選手で70%と言われているので、いかにその数字が高いのかが分かる。荒木さんと出会うまで目に見えないものは信じない、感覚だと五郎丸選手は考えていた。

感覚を文字にする。を教えられ、心(メンタル)の置き換えをし、ルーティンを作り上げた。

面接のコツ

荒木さんが伝授する面接のコツは以下2点。

・当日着る服を着て練習し準備するといい。
・内容をしっかり詰め準備していく。

とにかくイメージトレーニングが大事なんですね。

五郎丸さんシリーズで人気の記事はこちらの記事です!
【感動】五郎丸選手直筆日記とインタビューで語るラグビーW杯の勝利|Mr.サンデー
【テレビ初公開】ラグビーW杯大逆転!五郎丸歩選手が立役者と認めた2人とは?|アスリート波乱万丈 崖っぷちからの大逆転

人生色んな修羅場はあるかと思います。メンタルは鍛えれば強くなる!と荒木さんも言っていたので、何事もチャレンジして前向きにやっていきたいですね!

LINEで送る

 - テレビ, 医学, 情報