芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

世界が絶賛!中之条の奇跡!歩数別病気になりにくい歩き方は早歩きを〇歩|サタデープラス【サタプラ】

   

LINEで送る

11月12日に放送れた「サタデープラス【サタプラ】」では、歩きグセでデブや寝たきり、尿漏れなど、歩き方チェック。

がに股歩き 尿漏れ

がに股歩きは、尿漏れの危険性あり。

骨股関節周りの筋肉をうまく使えていないため、筋肉が弱っていく。尿漏れを抑えるための筋肉にも影響を与えるというのだ。

内股歩き 寝たきり

日本人女性に多い。内股歩きは、寝たきりの可能性あり。

両脚がくっつかないO脚の人に多く、ひざが変形し寝たきりになる可能性もあるというのだ。

がに股 内股チェック方法

①足の間にこぶし1つ分平行に開く

②こぶしを膝に挟んで屈伸する

③膝が離れるか、押されるかで離れた場合は、がに股。

モンローウォーク

お尻をフリフリとした歩き方をモンローウォークという。

お尻の横側にある中殿筋というのが弱っているために起こるという。キレイに歩こうとわざと歩く女性も多いが、ひざに負担がかかり、転倒が増え、将来寝たきりの可能性もあるというのだ。

チョコチョコ歩き デブ?!

後ろ足の伸びがなく、曲がっているのをチョコチョコ歩きという。

チョコチョコ歩きは筋肉が衰え、基礎代謝が落ち太りやすくなる

理想の歩き方

歩き方のプロ 黒田恵美子さんによると、悪い歩き癖を治すコツは…。

腕を前後に45度振る

重心が前に出て、早く歩け歩幅が広がる、結果後ろ足がしっかり伸びるという。

中之条の奇跡!理想の歩数は?!

東京都 健康長寿医療センター研究所 青柳医学博士は、やってはいけないウォーキングは大ベストセラー。

全国の自治体から講演や運動指導の依頼が殺到。その根拠が群馬県中之条町で、65歳以上の町民5000人以上で生活調査を15年実施。

そこで得た病気にならない歩き方は、中之条の奇跡と世界から呼ばれているという。

青柳先生によると、

1日1万歩以上歩くと早死にする

という驚きな内容だ。

足の裏の血管を通る赤血球を踏みつぶしてしまうので、貧血になりやすいという。

病気にならない歩き方はずばり…

1日8000歩&早歩き20分

さらに、夕方に歩くと、体温が一番上がっている時間となり効果的だ。

歩数によって、病気を防ぐ可能性があるというが8000歩で頭打ちだという。

また、早歩きは20分でなくても、日常の中で同程度(自転車、子供と遊ぶなど)の活動を合計20分行えばよいというのだ。

自分の歩き方を一度チェックしてみてはどうだろうか。

LINEで送る

 - テレビ, 健康, 情報 , , ,