芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

完全版!入浴前に緑茶と美肌になる入浴法!やり方とは|世界一受けたい授業

   

LINEで送る

11月12日に放送された「世界一受けたい授業」では、冬の乾燥肌に備えて出来るお風呂の正しい入り方と、美肌を作る入浴法について。

冬が湿度が低いため、肌をコーティングしてくれる油分や水分が蒸発してしまう。その結果、かゆみやあかぎれなどになってしまう。その原因の多くは間違った入浴をしているお風呂だという。

肌に悪い入浴法ランキング

5位:全身をゴシゴシ洗う
※油分が多く取られてしまうため

4位:脱衣所が寒い
※急激な温度変化で肌が刺激され、寒冷じんましんの危険性がある(浴室も蒸気などで温める)

3位:一番風呂に入ること

水道水には、殺菌や消毒のため微量の塩素が入っており、肌が乾燥している時期は、特に塩素が肌を刺激するので、肌荒れの原因となる。二番風呂以降だと、一番風呂の人の脂肪やタンパク質が塩素と結びつくため、塩素が減るというのだ。

どうしても一番風呂に入りたく、塩素を減らすのに効果的なのは…。レモン汁などのビタミンCが有効だ。スプーン1杯程度の微量でも効果があるという。

2位:42℃以上の熱いお湯に入る

風呂上がりの水分量が半減。湯温が高い方が乾燥しやすい。

1位:15分以上の長風呂

長くお風呂に浸かると、肌のバリアとなっている角層が多くの水分を吸収。バリアの役目を果たしていた油分も飛んでしまうためだ。

美肌の手抜き風呂

東京都市大学教授 早坂信哉先生が正しい入浴法について教えてくれた。それは…。

⓪入浴前に緑茶を飲む

①フタをせずお湯をはる

②レモン果汁をスプーン1杯
※アスコルビン酸(ビタミンC)を含んだ入浴剤でも可能

③石鹸で泡を作り、手のひらで優しく洗う
※洗う場所
顔、胸、わき、お尻、股の5か所のみ

④シャワーは長時間使わない
※シャワーにも塩素が含まれているため、お風呂のお湯をかけ湯

⑤入浴は40℃で10分肩までつかる

⑥浴室の中で化粧水をしみこませ、保湿クリームをつける
※お風呂上がりにすぐすること

◆日テレKARADAウィークの人気はこちら!

ラクして痩せる!つねる、レンチンショウガ、乳酸キャベツで美肌にも!

多くの人は、お風呂大好きですが、入り方を間違えないように気を付けないとですね。

LINEで送る

 - テレビ, 健康, 美容 ,