芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

7年間スイーツ元東大教授が語る!食後のフルーツは口臭と胸やけに|林先生が驚く初耳学

   

LINEで送る

11月20日に放送された「林先生が驚く初耳学」では、7年間フルーツを食べ続けた元東大教授のフルーツ研究科 中野瑞樹さんが登場。

フルーツを食べ続けて分かった新事実についてだ。

中野瑞樹さんとは

・元東大教授でフルーツ研究科

・7年間フルーツのみ。水もお茶も一切飲んでいない

・水分はすべてフルーツ

・体の変化は、内臓機能が改善、腎機能がよく、骨密度が異常に高い

・7年間で13kgダイエット

美味しいみかんの見分け方

皮に傷がついているものが買い。

みかんには、外なりみかんと、内なりみかんがあり、外なりみかんは、果樹の枝の外側になったみかん。

直射日光があたり糖度があがる傾向がある。

日本のフルーツ摂取量は最下位

日本人のフルーツ摂取量は、先進国で最下位だという。

60歳以上:144.8g

20~40代:56.5g

30代男性:38.5g

S寸のみかんが50gなので、30代男性はあまりの食べなさだ。

フルーツを食べ続けるのは、フルーツを食べ過ぎると太る原因になるのでは?と言われており、科学的根拠もないため、自ら検証をしたという。

食後のフルーツは体に悪い

そんな中野さんより出題は、食後のフルーツを食べると…。

胸やけや口臭の原因になる恐れがある

フルーツのメリットは、胃に負担をかけない。消化吸収が早く30分で腸に届く。食後に食べると、胃にフルーツがとどまってしまう。

フルーツは発酵しやすいため、胃にとどまったフルーツがガスを発生。胃にガスが溜まってしまい胸やけや口臭に影響するという。

フルーツを食べるのは空腹時というので、試してみてはどうだろうか。

研究とはいえ、極端な食生活をし続けるのはすごいですね…。

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 健康, 医学, 食べ物 , ,