芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

ゆず路上ライブから東京ドームへ 弾きがかりと楽しい演出とは|ZIP!

   

LINEで送る

12月2日に放送された「ZIP!」では、大人気歌手のゆずが、路上ライブから、なぜ東京ドームまで上り詰めることができたのかを紐解いた。

ゆず

1997年から活動し、98年夏色でデビュー

神奈川県横浜市磯子区岡村出身の北川悠仁さん、岩沢厚治さんの男性2人組で結成。

CD総セールスは2000万枚以上

ライブを見たファンの感想

・お客さんを楽しませるアイディアがとてもつまっている(10代女子)

・進化していろいろなものを新たに取り入れている(20代女子)

挑戦や、斬新な演出が人気。

路上ライブを語る

ゆずの二人は路上ライブについて「とてもテレビじゃ放送できないことも延々と夜中歌っていました。聞いてもらえないので、お客さんを止めることにがんばっていた。」と語った。

特に努力したのは「MC」と歌以外で楽しませることをしていた。その経験が今のライブの演出に影響しているというのだ。

ライブ内容

・女装でステージ(曲の途中)

・恐竜とコラボ

・プロジェクションマッピングと合わせた演奏

「しょうもないことが好き。まじめにやるのも大事。でも、ずっとそれをやられると飽きるというか、しょうもないことをやって、ライブの中でふり幅と緩急を大事にしている。」弾きがかりと楽しい演出のバランスをとっているという。

ファンを楽しませる原点を持ち続けている姿勢に、人気の理由が分かった気がします。

LINEで送る

 - エンタメ, テレビ, 音楽 , , ,