芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

イモトさんはナミビアへ 人類最古の民族と砂漠の中にあるオアシスとは|世界の果てまでイッテQ

      2017/02/05

LINEで送る

100回記念更新(2017/2/5)は以下からどうぞ。
イモトWT100回の軌跡総まとめ

12月11日に放送された「世界の果てまでイッテQ」では、イモトさんのワールドツアー。今回は、98カ国のナミビア共和国へ。

赤い海

ナミビア共和国は82.4万k㎡と日本の2倍。220万の人口で、1990年南アフリカから独立。

赤い海が特徴。好塩菌と呼ばれる、塩を好む菌が多い。赤い色素のカロテノイドを作り出すという。

人類最古の民族?! サン族

日本語の音素は、aiueoや、p(ぱ)z(ざ)など21個と言われているが、サン族の言葉は200音素と言われている。

音素の数が圧倒的なため、人類最古の民族なんではないかと言われている。

サン族に実際に言葉を聞いてみると、「んが!んがぁ!」など世界で一番難しいとイモトさんが語り、逆に言葉をイモトさんが教えると「いらっしゃいませ~!」と流暢にすぐに話せるという音素の多さで簡単にマスターとなった。

デッドフレイ

8000万年前、海からの風で出来たと言われている砂浜。ナミブ=何もないという意味で、ナミブ砂漠と命名された。

ナミブ砂漠の中、オアシスだった場所が干上がり枯れた木が900年の時を経て残る場所だという。

◆イモトさんの気になる痔の名前シリーズはこちら!

イモトさんは南アフリカへ!痔の名前応募先とノミネート&グランプリは?!

世界にはまだまだ神秘的な場所があるなぁと改めて思いました。

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 海外 , , ,