芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

美味しいパンの選び方 パンの目を見ればモチモチ食感が分かる|林先生が驚く初耳学

   

LINEで送る

12月11日に放送された「林先生が驚く初耳学」では、パンに目があり、その目が味を見極めるポイントだというので、注目が集まった。

パンの耳とは

人間の顔で耳は端っこ。パンも端っこにあるから、耳という。

a5ed2cb332a0c1752e8bd6482cc1eb63_s

食パンの目

食パンの目を知れば、スーパーやパン屋で美味しいパンを探すことができるという。

食パンの目とは、食パンの断面の細かい気泡の穴のことをいう。

もともとパン生地の中には炭酸ガスが溜まっている。加熱すると炭酸ガスが膨張。パンも大きくなる。

世界一のパン職人 佐々木卓也さんによると「食パンは型に入れて焼くので上へ伸びる。上へ伸びることで中の穴も伸びていく。」と語った。

美味しい食パンは「目が縦にきれいに伸びている食パンが美味しいパン」と続けた。火がしっかり通っていて生地が練りこまれている証拠だという。

目を見るだけでモチモチ食感の美味しいパンを見極めることができるというのだ。

明日から、パンをじっくり見る人が増えそうですね。

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 食べ物 , ,