芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

風邪や動脈硬化に!切り干し大根はヨーグルトで?アボカドの種スムージーの作り方は|世界一受けた授業

   

LINEで送る

1月7日に放送された「世界一受けた授業」では、インフルエンザ対策に効果的なスーパー冬食材について。

オリンピック選手をサポートしている管理栄養士の石川三知先生が解説してくれた。

インフルエンザ、風邪対策食材

インフルエンザ、風邪対策食材は、キウイ。

キウイは、ビタミンC含有量が果物の中でも各段に多い。その中でもゴールドキウイが一番含有量が多い(レモン7個分)という。

1日2個食べると、免疫力が上がり、風邪対策にもいいというのだ。

胃腸を整えるには大根

暴飲暴食時の胃腸が弱った際に良い、食材は大根。実は、医者1000人が答えた健康のために食べるとよいと思う冬野菜1位も大根だったという。

大根に含まれるジアスターゼはでんぷんの分解を促進。さらに、プロテアーゼは、タンパク質の分解も促進してくれる。

胃腸の働きを整える最もよい食べ方は…。

大根おろし

おろすことで、辛み成分であるイソチオシアネートが胃液の分泌を促進してくれる。

切り干し大根の戻し方

丈夫な骨作りにも大根が有効だといい、その効果的な食べ方は…。

切り干し大根

通常切り干し大根は、水で戻すのが一般的だが、戻した水も使わないと、鉄分、カルシウム、ビタミンを失ってしまうという。

栄養価を失わず、逆にアップするには…。

ヨーグルトで戻す

切り干し大根の10倍の量のプレーンヨーグルトで混ぜ、冷蔵庫で8時間置いたら完成。おススメレシピは、切り干し大根ヨーグルトサラダ。

◆作り方
・ツナ(70g)
・レモン汁(小2)
・塩、こしょう少々

ポテトサラダのような食感だとスタジオでも好評となった。

水で戻す場合よりも、カルシウムが3倍もあり、ツナにはビタミンD、Kが入っており、骨のスーパーサラダだと語った。

アボカドスムージーレシピ

アメリカでアボカドは、中性脂肪、悪玉コレステロールを減らしてくれ、動脈硬化対策にいいという研究結果が出た。

その中でも一番の食べ方はアボカドの種も食べる。

種を食べるおススメレシピは、アボカドスムージー。その作り方は…。

◆材料
・アボカドの種1/4
・アボカドの実1/2
・りんご1/4
・バナナ小1本
・牛乳250ml

◆作り方
①アボカドのタネをレンジで15秒温める
②1/4を使い、薄くスライス
③スライスした種を1~2分煎る
④すべての材料をジューサーにいれたら出来上がり

味は「種がナッツみたいで美味しい!」と大好評だ。

明日から、キウイやアボカドが売れまくるかもしれませんね。笑

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報, 食べ物 , , ,