芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

【神回】音楽プロデューサー小室ファミリー ヒット曲の作り方 |マツコの知らない世界

   

LINEで送る

1月10日に放送された「マツコの知らない世界」では、初共演の小室哲哉さんだ。

CD総売り上げ1億7千万以上の小室ファミリーのヒットの秘密を初告白した。

小室ファミリーとは

小室ファミリー(こむろファミリー)とは、音楽プロデューサーの小室哲哉を中心にした芸能人ファミリーであり、同人がプロデュースまたは楽曲提供した歌手たちを呼ぶ総称。

引用:Wikipediaより

メンバーは、安室奈美恵さん、華原朋美さん、globe、TRF、篠原涼子さんなど数多くいる。

小室祭

マツコさんは小室さんと初共演というので緊張した面持ち。

小室さんが入ってくると「TKよ。20代で大小室時代よ。昨日も小室さんを聞いて小室祭よ。」と小室さんの好きさを爆発させた。

小室ファミリー ヒット曲の作り方

SWEET 19 BLUES
(安室奈美恵)

ヒットの理由は、ジャケットに力を入れたという、100万単位でジャケットを変えたという。400万1枚目以降は、以下のような足をクローズアップしたもの。ジャケットも小室さんも決めていたというのだ。

当時の偉業は、オリコン週間ランキングトップ5すべてを独占していた時もあったというので驚きだ。

I’m proud
(華原朋美)

ヒットの理由は、セレブ感を楽曲で作ったという。マツコさんは「これは凄い曲よ、イントロが数多くの楽曲が使われている。イントロだけで10回以上聞いた。」と語った。

EZ DO DANCE
(TRF)

「CHIHARUと、ETSUの魅力があり、絶妙。」とマツコさんが語ると、「清い生き方をしている。」と小室さんもストイックな2人を褒めた。

ヒットの理由は、20歳以上のお酒が飲める成人をターゲットに絞ったという、当時のジュリアナ東京などでもクラブで大人気に。

さらに、trfを5人組を理由にしたのは、音楽番組のカメラ割の定番を崩すためにあえてやったという。

当時は、バンド演奏方法を定番化していたが、ダンサーとDJによって空間に奥行きを出し、音だけでなく視覚的にも楽しませたそうだ。

恋しさとせつなさと心強さと
(篠原涼子)

熟考して作ったという、小室さん。当時バラエティー(ダウンタウン)に出ていたが、3分間で彼女のすべてを詰め込もうとして作ったというのだ。

ヒットの理由は、歌詞がドラマ仕立てだという。女優になれると当時から思っていたので、作ったという、彼女の今後を見ていたというので驚きだ。

TKが抱える悩み

当時、1年で90曲程度作っていたが、ヒットの方程式が見つからないのが悩みだという。

「いやいやいやいや…。小室さんが分からないと…。」とマツコさんもタジタジ。

小室さんは「自分が追い付かない。自分が作っている曲が自分自身を超えてしまった。」とカリスマらしい苦悩を語った。

時代を彩るライバルたち

90年代のライバルについて語った。それは…。

つんくさん

「メロディーや、詩がよかったり、この感じが出せなかった。」と語った。

さらに、小室さんに引退を考えさせた人がいるという。それは…。

宇多田ヒカル

「新しいなが率直な感想。(姿勢が)低くて最後まで低い。ラジオ番組なども何から何まで自由を感じた。これほどやられた感はない。」と思ったという。

小室さんの曲は名曲だらけで、好きな人には神回でしたね!

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 音楽 , ,