芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

本日のよく読まれている記事

Sorry. No data so far.

焼いて栄養アップ!漬物ステーキ もずくコロッケレシピとは|世界一受けたい授業

   

LINEで送る

1月14日に放送された「世界一受けたい授業」では、栄養がアップ!食感が変わる!漬物も果物も和菓子も焼いて食べるワザを公開した。

柿トースト

スライスした柿とチーズをパンの上にのせる。

トースター(1000w)で3分焼くと、柿は加熱で甘さが濃厚になり、リラックス効果のGABAや血行をよくするシトルリンなどがアップするという。

焼き梅干し

梅干しを焼くと、クエン酸と糖質が結びつき、動脈硬化と高血圧の予防に役立つムメフラールが作られる。

漬物ステーキ レシピ

・材料
白菜の漬物、卵、ごま油

・作り方
①ごま油をひいたフライパンに漬物を入れる
②炒める
③とき卵をいれ軽く火を通せば、出来上がり

ご飯の主役となり、乳酸菌が加熱され、腸内の温度が上がり、腸内の乳酸菌の働きが良くなるという。

もずくコロッケ レシピ

・材料
じゃがいも、もずく、豚ミンチ

・作り方
①もずくは醤油で下味をつける
②豚ミンチは塩コショウで炒める
③じゃがいもはゆでて潰す
④①~③を混ぜ合わせる
⑤小麦粉、卵、パン粉をつけて、表面がきつね色になれば出来上がり。

フコイダンという成分が血液の流れをよくしたり、血糖値の上昇を抑えるという効果があるが、加熱することで、もずくからフコイダンがより多く摂取できるという。

ピーナッツごはん レシピ

・材料
白菜の漬物、卵、ごま油

・作り方
①炊飯器に米、水、粉末コンソメ、醤油、酒を入れる
②薄皮付きのピーナッツを入れ1時間浸す
③炊くだけ

ピーナッツの薄皮にはポリフェノールが多く含まれており、老化を遅らせる抗酸化作用が働く。加熱することで、薄皮がにがくなくなるので、おススメだ。

ホット飲むヨーグルト レシピ

・材料
ヨーグルト、しょうが

・作り方
①飲むヨーグルト
②すりおろした生姜(小さじ1/2)を入れる
③レンジ(600w)で1分30秒

ジンゲロールという成分は、温めるとショウガオールという成分に変化。体を芯から温めてくれる。温めることで、便秘解消効果がアップし、カルシウムの吸収率もアップするという。

焼きチョコレート

・材料
板チョコ

・作り方
①板チョコを1口大にカット
②アルミホイルの上に並べる
※くっつかないように間を開けるのがポイント
③オーブントースター(1000w)で1分~1分30秒で出来上がり

サクサクの食感のチョコレートを作ることができる。

個人的には、あぶり寿司が好きですが、ちょっと焼いて食べると色々美味しくなるなんて驚きでした。

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 食べ物