芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

【保存版】肩こり解消&剛速球を投げる方法!肩甲骨まわし体操やり方|所さんの目がテン

   

LINEで送る

2月19日に放送された「所さんの目がテン」では、165kという驚異のスピードを誇る大谷翔平選手の肩甲骨の秘密や、肩甲骨エクササイズについてだ。

肩甲骨とは、背中にある三角形の平らな骨。肩甲骨がどれだけ柔らかく動くのかがポイントだというのだ。

肩甲骨チェック方法

カベを背に手の平を下にしもちあげる。その際、手の平が正面を向いたり、肩が壁が離れてはいけない。45度以上上がると肩甲骨は問題ないといえる。

肩甲骨は頭と腕を支えているが、モノを投げる力を持っているのは人間だけの能力だという、その能力が日本一凄い大谷翔平選手の肩甲骨に迫った。

剛速球と肩甲骨

大谷選手の肩甲骨をチェックすると…。

腕を腰に当てたら、腕を前に寄せることが出来るという。大谷選手は「肩甲骨は柔らかい方が、腕を広く使える。速い球を投げるには有利です。」と肩甲骨の重要性を語った。

もともと体が柔らかくなかったという大谷選手は、ゴルフの石川遼選手を見て、腕を腰に当て腕を前に寄せる練習ばかりしたという。

平泳ぎ風体操

首都大学東京の竹井先生が、肩甲骨エクササイズを教えてくれた。

初級:平泳ぎ風運動(1回3セット)

①猫背にならないように座り両腕を前に、肩甲骨を開くように腕を前に出して20秒キープ(画像右下)

②肘を後ろに引いて胸を張り20秒キープ(画像右上)

③肘を中心に手のひらを上げ、肩甲骨を起き上がらせるように腕を後ろに倒す(画像左)

肩甲骨まわし体操

続いて上級は肩甲骨まわし体操。

①右腕を頭の上、左腕を背中に回して、肘を直角にする。肘の角度はそのままにし、腕全体を反時計回りに回して20秒キープ。(画像左)

②さらに右足を左足の前に交差して体を倒して20秒キープ(画像右上)

③②のまま鼻を肩に近づけて20秒キープ(画像右下)

肩甲骨エクササイズを行い、背中をつけて腕を上げると、11度しか上がらなかった肩が58度まであがる人まで出る驚きの結果に。健康な肩甲骨を手に入れることができた。

さらに、球を投げてみると、全員球速がアップするという驚異の結果になった。

◆肩こり解消の人気シリーズは以下からどうぞ。

【画像つき】9割が治る!竹井式 肩こり解消法やり方とは|中居正広のミになる図書館

巻き肩で肩こり、老け顔に!2分の腕プラ体操で簡単改善!|健康カプセル!ゲンキの時間

簡単エクササイズ、一度チャレンジしてみてはどうだろうか。

LINEで送る

 - テレビ, 健康 , , ,