芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

太りにくい!老けにくい!育腸とは?|世界ふしぎ発見!

   

LINEで送る

1月9日に放送された「世界ふしぎ発見」は、太りにくい!老けにくい!その秘密はここにあった!知られざる腸内細菌パワーについて。

便のスペシャリスト

農学博士辨野義已先生は便のスペシャリスト。

腸内環境は、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7理想的なバランス。
善玉菌は乳酸菌、ビフィズス菌。悪玉菌:ウエルシュ菌。日和見菌とは菌の強い方の味方になるという。腸内環境を整えるといいと語った。

先生自身も、野菜やヨーグルトを食べるようになり2年間で16kgも痩せたという。

育腸&減量実験

とにかく善玉菌を活性化させることをメインとし、下記を積極的に取る実験を行った。

①食物繊維
悪玉菌を排出し、善玉菌の餌となる。目標は1日野菜350g。
②発酵食品
善玉菌を活性化させる。ヨーグルト1日300g。
③オリゴ糖
善玉菌を活性化させる。オリゴ糖シロップ1日12g

実験開始

■Aグループ(①食物繊維)
■Bグループ(②発酵食品+③オリゴ糖)
■Cグループ(①食物繊維+②発酵食品+③オリゴ糖)

上記以外はカロリー制限などなしとし、20日間実験してみた。

すごい組み合わせだけど美味しい!

食物繊維と発酵食品の美味しい取り方。組み合わせをみるとびっくりだが美味だという。

①切り干し大根+ヨーグルト+納豆という組み合わせ。

冷蔵庫へ8時間。
醤油やからしも添えると出来上がり。美味しいと絶賛。

②干しわかめ+棒寒天+ヨーグルト+玉ねぎみじん切り。

冷蔵庫へ8時間。
ガラムマサラとオリーブオイルをかけて出来上がり。これはうまい!と絶賛。

スーパー食材!

食物繊維が豊富でヨーグルトに似た発酵食品とは?

乳酸菌のサプリメント+ココナッツ

ヒートマットに20時間置いたら出来上がり!室温より高くした方がよくできるという。

育腸結果

■Aグループ(①食物繊維)
体重平均:1.3kg減

■Bグループ(②発酵食品+③オリゴ糖)
体重平均:4.0kg減

■Cグループ(①食物繊維+②発酵食品+③オリゴ糖)
体重平均:3.0kg減

腸の中から痩せ体質となり、中にはアレルギー体質が変わった人もいた。

腸内環境には100兆にも及ぶ菌がいるといい、太る痩せる、老ける、病気など腸内のメカニズムはまだ研究中とはいえども、アメリカでも関係性が大注目ということで、体にいいものなのでチャレンジするのもありですよね!

LINEで送る

 - テレビ, 医学, 情報