芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

起きられない人必見!簡単起床 目覚まし時計は鏡の前に置くだけでいい|健康カプセル!ゲンキの時間

   

LINEで送る

3月26日に放送された「健康カプセル!ゲンキの時間」では、仕事や健康面で結果を出す、一流睡眠法について紹介された。

二流睡眠チェック

以下1つでも当てはまる場合、二流の睡眠の可能性があるという。

1.仕事が忙しいと眠らずに頑張る
2.眠れないのは異常だとは思わない
3.面白そうなことでもやる気が出ない
4.毎日寝る時間がバラバラ
5.自分は眠らなくても大丈夫な方だ

睡眠効率

睡眠の質については、以下計算式で測定し睡眠効率として表現。85%以上の場合、問題ないと言われている。

実際の睡眠時間÷横になっていた時間×100

一流の睡眠というのは、睡眠時間以外から始まっているという。

朝の過ごし方

目覚まし時計を鏡の前に置くと、アラームが鳴り続けても起きることが可能だという。

早速、朝が苦手の人で2人検証すると驚きな結果に。

通常:25分8秒
鏡の前:5分7秒

通常:4分38秒
鏡の前:1分6秒

人間が一番関心があることは、自分。わざと自分の意識を覚醒の方向に向くところに目覚まし時計を置くとしっかり起きることが出来るという。

また、どうしても二度寝をしたい場合、寝る場所を変えて日光を浴びながら寝ると10分以内で起きやすくなるという。

朝に日光に当たると体内時計がリセットされ、夜に睡眠を促すホルモンが分泌されるというので驚きだ。

夜の過ごし方

夜は、睡眠を促すホルモンが分泌しにくくなると、照明には特に気を付けているという。そのポイントは以下の通り。

①1時間前から照明を暗くして眠るモードに。

②浴室の電気をつけない。
※転倒に注意が必要

③風呂上がりにはハーブティーを飲む。

◆健康カプセル!ゲンキの時間人気シリーズは以下からどうぞ。

巻き肩で肩こり、老け顔に!2分の腕プラ体操で簡単改善!

毎日のことなので、習慣付けしてみてはどうだろうか。

LINEで送る

 - テレビ, 健康, 情報 , ,