芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

本日のよく読まれている記事

Sorry. No data so far.

のぶみ先生登場!絵本「にんげんごみばこ」衝撃の内容とは|世界一受けたい授業

   

LINEで送る

5月27日に放送された「世界一受けたい授業」では、ヒット作連発をしている、のぶみ先生による、読んでほしい絵本について。

累計発行部数

まず絵本の累計発行部数は以下の通り。

1位:いないいないばあ(622万部)

2位:ぐりとぐら(495万部)

3位:はらぺこあおむし(389万部)

4位:てぶくろ(309万部)

5位:おおきなかぶ(288万部)

共通点は、すべて40年前のものだというので驚きだ。

そんな中、近年の大ヒットはシリーズ累計55万部という「ママがおばけになっちゃった!」だ。

次々ヒットをさせる作者のぶみ先生が登場し、読んでほしい絵本トップ3を発表した。

のぶみ先生おすすめランキング

3位:ちょっとだけ

ちょっとだけ頑張る子供を描いた絵本。日常のちょっとした成長を描いた絵本。

2位:おこだでませんように

怒られてばかりいる子供が短冊に「おこだでませんように」と書いて、大人が怒ってばかりだというのが気づいて反省する、子供の気持ちを代弁する絵本。

1位:おかあさんがおかあさんになった日

ママは初めて子供に出会い、子供はママの苦労を感じる。お母さんのありがたさを知る絵本。

賛否両論を呼んだ絵本の「にんげんごみばこ」その絵本の衝撃の内容に迫った。

捨てたい人を、にんげんごみばこに捨てるというシンプルな内容。にんげんごみばこの前には、一人の人が「もう一生会えないよ。考えてみて。」と問いかけ、捨てる人に気付かせるという内容。

 

大人になって読む絵本も、また楽しめそうですね。

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報 ,