芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

脱毛?!ブラジリアンワックスのハイジ男子の意味とは|マツコ会議

   

LINEで送る

10月21日に放送された「マツコ会議」では、つるつるにしたい脱毛男子が急増しているという、ブラジリアンワックスに注目が集まった。

中継先は、新宿 脱毛サロンクイーンズワックスへ。2011年にオープンしたブラジリアンワックス専門店という人気店。

男女比は半々、30~40代がメインというオシャレな店内。

ハイジ男子として、アンダーヘアを処理する男性という言葉も生まれているという。ハイジーンという名詞(衛生的なこと)から命名された。

鼻毛脱毛

鼻毛脱毛(3,240円)をする男性にインタビュー。肌を守るためにオイルを塗った後、ハードワックスを鼻につける。

付けた後に一気に抜くと…。

3.2.1…。

「うううう。」とワックスを剥がすとサボテンのように大量に取れ、マツコさんは「うわぁぁぁ。」と驚きを隠せなかった。

全身脱毛男性登場!

22歳の沖縄からきた男性が登場。脚全部・VIO・お腹・脇・胸・・・すべてを脱毛。「4時間も抜かれ続けた」というと、「どこが一番痛かった?!」とマツコさんが質問。

「中心部分です。」と回答しマツコさん苦笑い。

「一度も彼女がいたことがなくて、好きな子がいるのでアプローチ方法を教えてください。」といきなりマツコさんに相談。

「いきなり下の毛がなかったら、ものすごいベテランさんだと思うわよ。」とマツコさんはつるつるする順序が違うのではと爆笑。

マツコさんは「脱毛ってやってない人のほうが普通だから。生まれたままの姿のほうがあなたはいいわよ。」とエールを送って別れた。

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ , ,