芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

夜のテレビ朝日を徘徊「ドラえもんネクタイ」を好むマツコさん|夜の巷を徘徊する

   

LINEで送る

1月15日に放送された「夜の巷を徘徊する」では、夜のテレビ朝日局内を徘徊し、夜のテレビ局と働いている人と絡んだ。

お笑いナタリー記者に遭遇

テレビ朝日に入るとすぐに、メガネの男性を捕まえるマツコさん。

芸能記者という彼は、「お笑いナタリー」の記者。ナタリーってなに?とマツコさんが聞くと、お笑い・音楽・漫画のニュース等を発信するサイトだと答えた。

前職は郵便局員だった彼は、「あいつ今何している?」の取材をしていたという。マツコさんは頑張ってねと彼を労った。

徹子の部屋再現コーナーへ

次に「徹子の部屋」セットを再現したコーナーへ。

セットの前のボタンを押すと、番組の音楽「ル~ルルッ」と流れ、徹子さんがゲストの紹介をしてくれるボイスが流れた。マツコさんは、自分が出演したかのような芝居をし、人形の徹子さんと絡んだ。

話そうとした瞬間…。エンディングテーマが流れ「え?もうちょっと工夫しようよ」とスタッフにつっこんだ。違うパターンもありますよ!とスタッフに言われもう一度やると、まったく同じパターンに。夏祭りの際は数種類あったそうだが、現在は1種類。マツコさんは苦笑い。

テレビ朝日(7階)食堂へ

夜のメニューを見て一言「これしかないの?」とマツコさん。

つけ麺(500円)を注文。チャーシュー抜きで煮卵を追加した。

会計は専用カードでセルフで行う。そのシステムに「生意気な!すごいわ。今は普通なの?これが」と驚くマツコさん。「テレビ見ている人は、隔離されている所で生きているからこんな常識知らないんだとか言われそうだわ。」と感心した。

食堂のテラス席で一人食べる、マツコさん自由が丘の時よりは寒くないわねと。小さい声で言ったが、少し寒そうな状況。

「うん。ゴホッ…。と気管に入りやすく、老いを感じてきたわ」と嘆いた。

自由が丘の時の徘徊ページはこちらからどうぞ。

テラスで確保!

テラスで、若手の眼鏡男子を捕まえたマツコさん。

「さっきまで何やっていた?」と質問。「たけうっちF.C」という竹内由恵さんがサッカーの大会情報や選手などを紹介する番組だというが「5分番組とか?誰も見てないわね」とマツコさんバッサリ。

閉店後のテレアサショップへ

「やっぱ、ドラえもんはかわいいわね。」とマツコさん。マネージャー全員にネクタイを購入

「他のアニメはわからないけど、ドラえもんのネクタイは許されるわよ、サラリーマンとかがつけてても。かわいい!」と勧めた。

昼間に働いている自分は、夜働いている人を見ると、改めていろいろな人がいろいろな時間で働いて世の中回っているんだなぁと考えさせられました。

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ