芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

受験生必見!折れにくいシャーペンにマツコさん絶賛!|マツコの知らない世界

   

LINEで送る

1月19日に放送された「マツコの知らない世界」は、2016年絶対使ってほしい!厳選おススメ文房具。

人生を文具に救われた、文具ソムリエールの菅未里さんを迎えた。現在は東急ハンズに働いており、マツコさんからも「文房具まみれの人生ね」とツッコまれた。

そんな菅さんは、1000種類くらいあるノートが大好きだという。スタジオには300冊持ってきており、一番深刻なノートをマツコさんに見せた。「私は何がしたいのか、文房具を広めたい。売りたいわけではないのか」と意味深な言葉が書いてあり、マツコさんも驚愕。

菅さんは、子供の時に姉が美人過ぎて根暗な性格になった。文房具で子供ながらに遊んで会話が弾み、好きになったという。

2016年使ってほしい最新文房具

ページをめくるシャリシャリ音がたまらない。

新日本カレンダー「365NOTEBOOK 」

マツコさんはその手触りが「半紙みたい」というと、実は、日めくりカレンダーと同じ素材だという。「めくった時の音がいい」と菅さんは絶賛。「書きづらくない?」とマツコさんがいうと、実は、表はツルツル系(鉛筆、ボールペン)、裏はザラザラ系(万年筆)と相性がいいという。

これに合う鉛筆を持ってきました!と菅さん。マツコさんも「懐かし~」とご満悦。

三菱鉛筆「ハイユニアートセット」

10Hから10Bまでの22硬度が揃うセットだ。「あたしHBかな」と確かに自分も子供の時は、HBだったなと思っていたが、今は、子供の筆圧が弱くなり主流は2Bという。

実際に、2Bのシェアは、94年20%が14年は40%と2倍に。

マツコさんも「子供弱いわねぇ。じゃぁ、3B試してみるわ」と実際に書いてみると…。

「3Bが丁度いいわ」と爆笑。

ハンドバックにも入る!OLさんにお勧めは、

LEUCHTTURM「ロイヒトトゥルムポケット」

ドイツを代表するノートを小さいサイズで持ち運びが簡単「たしかにこれだとポーチに入るわね。」「あといいのは、カバーが固いのがいいわね。」と絶賛。

全頁が番号がついており、目次つき。しかも表紙は撥水加工。「これはいいわね!」とマツコさん重ねて絶賛。

コクヨ「ソフトリングノート」

2015年日本文具大賞、デザイン部門優秀賞を取ったという、このノートは、通常リングノートは、書くときに当たって痛いが、リング部分が柔らかいため、手が当たっても痛くないのが特徴。

受験生には集中力が必要なので、受験生にいい!と菅さん絶賛。

さらに受験生にいいシャーペンも紹介。

ゼブラ「デルガード」

文具屋さん大賞2015受賞のシャーペン。マツコさんが使うと「あ!」と興奮。

内蔵されたスプリングが芯を上方向に逃がし折れを防ぐというのでおススメ。「絶対折ってやるわ!」とやるが、折れない…。斜めの筆圧にも耐えれるといい、マツコさんも「きゃー、すごい!みてこれ!すごい!みんなこれを買うべきだよ!」と太鼓判。

自分の子供の時にはこんなに文具って発展してなかったですが、技術の進歩はすごいですよね。たしかに受験の時、シャーペンの芯を折り、さらに焦って悪循環みたいなことはよくありました。折れにくいシャーペンは確かにすごいですね!!

LINEで送る

 - テレビ, バラエティ, 情報 ,