芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

【SMAP解散 独立報道】スマスマ発表後の後輩メッセージ(まとめ)と世論の力|とくダネ

   

LINEで送る

1月20日に放送された「とくダネ!」では、昨日に続いてSMAP会見について、最新情報を届けた。

気になるのは、後輩のメッセージだ。

後輩メッセージ(まとめ)

◇三宅健さん

ファンの皆さんのたくさんの手紙があって、本当にSMAPの偉大さを改めて知った。

◇滝沢秀明さん

SMAPの皆さんとファンの皆さんとの絆っていうのがすごく見えたので、すてきだなと思いました。

◇櫻井翔さん(嵐) ※日本テレビNEWS ZEROより

「空中分解になりかねない」という木村さんの言葉に後輩としてはショックを受けました。メンバーの皆さんが語られていた表情、そして「ただ前をみて進みたい」という言葉が印象に残りました。

◇小山慶一郎さん(NEWS) ※日本テレビ系news every.より

グループで活動をしていく上では、何度も何度も話し合いが必要になると、自分の経験からも思います。話し合いをされていると思うので、後輩としてはSMAP皆さんから、お話があるようでしたらゆっくりとゆっくりと待ちたいと思います。

◇国分太一さん(TOKIO) ※TBS白熱ライブ ビビットより

あの会見を見て「よかったですね」とは、言えない部分も正直感じました。存続させるためには、まだまだ時間が必要なんじゃないかなと。ただだからこそ本当にこの5人は話し合っていい方向に進もうとしているんじゃないかと。

スクープ取材の裏側

今回スクープした、日刊スポーツの竹村章芸能デスクは、取材自体は去年の夏過ぎから行っていたという。いろんな担当が、「特別取材班」で動いたり、それだけ時間をかけたことなので、解散は変わらないと思っていたという。

あまりにも世論の盛り上がりがすごくて、スポーツ紙をきっかけにすごく盛り上がった。ファンの方も動いたし、少しずつシナリオが変わった。と述べた。

また、同タイミングでスクープしたスポーツニッポン山崎智彦専門委員によると、去年の1月から注視していたという、スポニチとしては一貫して書いてきたのは「解散」ではなくて、「分裂しそうな危機」として考えていたという。また取材すればするほど、ひょっとするとこれは、「解散まで至らないのではないか」という兆候も出てきたという。

いくつかの取材では、今後の仕事については、そんなに甘くないという人が多く、9月が契約のタイミングとしてあるので、9月がターニングポイントになると述べた。

いづれにしても、ファンの声は世論を変えるというのはすごいパワーですね。一人一人が行動すると大きな力になるなと改めて感じました。

LINEで送る

 - エンタメ, テレビ, 情報 , ,