芸能、エンタメ、バラエティ、スポーツ、美容、ダイエットなど日々のトレンド情報をリアルタイムにわかりやすくお届け

電子文具の最新情報!超小型パソコンでも使いやすい!|WBS

   

LINEで送る

12月8日の「WBS」では、電子文具が生活を変える?を特集した。

ヒットメーカー「キングジム」に潜入。

1988年発売した「テプラ」が大ヒットしたのはご存知の方も多いかと思いますが、最近では、電子化した名刺入れなど、電子文具をリードしてきた。

商品開発部の冨田さん。キングジムで商品開発をやりたいということで、ソニーから2年前に転職したという。その冨田さんが転職してまで作りたかったのは、超小型パソコン。

超小型パソコンのこだわりは、キーボード。本体はコンパクトだが、フルサイズと同じキーボードの大きさという。確かに、小型化されてもキーボードが打ちにくいと言ったのは、いままでの小型パソコンでもあり不便でしたよね。

img-xmc10-01

出典:キングジムホームページより

「ポータブック」XMC10

発売日:2016年2月12日
価格:約9万円
OS:ウィンドウズ10

その冨田さんが参考にしたのが、2008年発売した「ポメラ」。ポメラはメモ機能に特化したが、キーボードの使い勝手がよく30万台を発売したヒット商品だ。

開発会議では、競合が多いパソコンへの参入は多くの役員が反対したそうだが、宮本社長自らゴーサインを出したという。文房具メーカーだから、文具は小さい軽い、その中でも打ちやすいにこだわったというので、社長お墨付きだ。

介護の現場にも電子文具?

次は、介護を変える電子文具。

1日5人の高齢者を介護する吉川さん。1家あたりの訪問時間は1時間。会社への報告は、メモ。理由はパソコンが不慣れという。そんな吉川さんに、電子下敷き。昨年発売した、コクヨ「キャミアップS」

電子下敷きの上に報告書を置き、特殊のペンで書くと、その手書き書類を自動送信されるという。まさに、パソコンと手書きの融合ですよね。

今後、コンパクトだが、使いやすいといった文具メーカーだから出来る便利商品が出てくると思うとわくわくしますよね。

2016年のヒット商品予想には入っていませんが、食い込むかもですね!2016年のヒット商品予想はこちらのページがおススメです。

ボーナスで買ってしまおうかなと思っています。笑

LINEで送る

 - テレビ, ニュース, 情報